浅く潜れ! -ボードゲーム&趣味のブログ-

ドイツボードゲームや小説、映画など趣味のこと書いてます。その他日記代わりなど。

2018年 あけましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします!

さて、去年も全然ブログを更新できていなかったのですが、ほんと、忙しい1年でした。
ボードゲームなどを遊ぶ時間は割と取れているのですが、うちに猫が来たり(それも2匹!)
仕事が忙しかったりと、ブログまでを更新する気力がなかなかなかったんですね~。

今年こそは(去年も言っていましたが)更新頻度を上げていきたいと思います!

さて、早速ですがお正月に実家に行って遊んできました。

20180101_01.jpg

20180101_02.jpg


元旦に嫁さんのまっきゃんの実家に行き、まずはおせち料理を頂き、すぐにゲーム開始!


ロンド

20180101_03.jpg

クニツィア先生のゲーム、ロンドですが、とても久しぶりでした。
一時良く遊んでいたのですが最近は遊んでおらず、ふと思い立って遊びました。
(前日に「倒錯のロンド」って小説読んでたので思い出したわけです。全く無関係ですが)

20180101_04.jpg

遊んだのは久々でしたが、ルールも簡単で面白いゲームですね。また遊びたくなりそうです。


チャーリーのキッチン(ムムム!)

20180101_05.jpg

こちらもクニツィア先生のゲーム、チャーリーのキッチンです。
お正月にワーッと盛り上がるのにダイスゲームは良いですね。
簡単な面を2回遊んで1回クリア、難しい面は2回遊んで2回とも失敗。
なかなか絶妙な難易度で、いつも大体盛り上がるゲームです。


魚河岸物語

20180101_06.jpg

正月には初セリだろ!ってことで値付けをしなくて良い競りゲーム、魚河岸物語です。
損得勘定の必要な競りゲームではあるのですが、反射神経がもっと重要という
パーティーゲーム向きの競りゲームですね。
2回遊びましたが、まっきゃんが珍しく競りゲームで2回とも圧勝でした。反射神経大事です。。。


宝石の煌き
20180101_07.jpg

今日遊んだ中では最も考えどころが必要なゲームかな?宝石の煌きです。
経験者の僕、まっきゃんに対し、まっきゃんの両親は最初なかなか難しそうでしたが
すぐにコツを掴んで楽しんでいました。
ちょっとシンプルにするため貴族タイルは抜きにしましたが、今度は入れても遊べそうです!

ということでちょっと時間は短めでしたが、複数のゲームを遊ぶことができました。
今年もいっぱいゲームの遊べる、楽しい年になればいいですね!

皇帝なき帝国(新版)遊ばせてもらいました!

来週のゲームマーケットで販売されるガーテンゲームズさんの「皇帝なき帝国」新版を
一足先に遊ばせてもらいました!

皇帝なき帝国新版_01

面白さはそのままに、アートワークとコンポーネントが一新されてとてもいい感じです。
一回りコンパクトになったのも持ち運びなどを考えるととてもありがたいですね~。

来週のゲームマーケットで販売されますのでガーデンゲームズさんのHPもご覧ください。
予約は11月30日まで受け付け中とのことです。
予約者にはおまけのトランプゲームルールも付いているそうですよ!

ガーデンゲームズ
http://gardengames.blog40.fc2.com/blog-entry-754.html


旧版の記事はこちらです
※遊び方は同じです


ちなみに今日はまっきゃんと2人で遊びましたが、ネコに邪魔されながらも連戦して1勝1敗でした。
2人だと割と短時間で遊べるのですが、考えどころがしっかりあるのでゲームが白熱しますね。

皇帝なき帝国新版_02

皇帝なき帝国新版_03

インストさん アリオ八尾 オクトーバーフェスト2017に出店する!

インストさん、アリオ八尾に現る!

インスト_オクトーバーフェスト2017_アリオ八尾_01

昨日の日曜、アリオ八尾でやっていたハッピーハロウィーン・オクトーバーフェスト2017に
インストさんが出店されると聞いたので、遊びに行ってきました。

この週末は台風が来ていたためいろいろな屋外イベントが中止になったからか、
アリオ八尾は結構な混み具合で駐車場待ちも大変なほどでした。
ここでも屋外の出店とかはなくなっちゃったみたいだったので、台風のあほー!ですね。


昼時だったので昼食を済ませ、インストさんが出店されている2階のスペースに向かい
待ち合わせをしていた友達のエビさんとここで合流。

インストさんを見つけると、店長さんが親子連れのお客さんに説明されているところでした。
割と広めのスペースで、天井も高いところなので、開放感があって良い感じです。
思えばこんな明るくて開放感あるところでボードゲーム遊ぶ機会って少ないな~。

インスト_オクトーバーフェスト2017_アリオ八尾_02


様子を見ていると、ボードゲームというものが一般のお客さんには珍しいのか、
興味をもって覗いて行かれる方も結構いるようでした。
こういうショッピングモールなんかで一般のお客さんに知ってもらえるのは良いですね。

お手伝いとゲームの紹介でかぶけんさんも来られていたのですが、ちょうど昼食だったようで
待たせてもらうのも兼ねてちょっとゲームを遊ばせていただきました。

HABAのゲームなど子供さん・ファミリー向けのゲームがいろいろとあったので、
あまりこういうゲームを遊ぶ機会がない大人3人でキャッキャ言いながら遊んでましたw

インスト_オクトーバーフェスト2017_アリオ八尾_03
ゴーゴージェラート お題カードと同じ並びになるようジェラートを並び替えるパズルゲーム


インスト_オクトーバーフェスト2017_アリオ八尾_04
マーブルすくい お題カードと同じ色のマーブルを、めちゃ使いにくいスプーンで集めるゲーム


インスト_オクトーバーフェスト2017_アリオ八尾_05
イス山さん とにかく椅子を高く崩れないように並べるゲーム


前日はアヴァロンでえげつない騙し方をしてグッフッフ言うてたのに、この日はジェラート並べたり
マーブル集めたり。。。前日とのギャップがすごいなぁw

30分ほど遊んでいるとかぶけんさんが戻ってこられたのでちょっと新作ゲームのお話を。
さっきまでは大人3人で対象年齢6歳とかのゲームをほのぼのと遊んでいたのに、
新作ゲームのテストプレイの話になると急にゲーマーな会話になるのも場違いで面白かったですw

次の予定があったので時間は短めになってしまいましたが、とても楽しめました。
たまにはこういうイベント出店のときに遊ぶのも気分が変わって良いものです。
また機会があればこういう場で遊びたいですね~。

そして、この場でちょっとボードゲームに触れられたり、遊ばれたりした方が
ボードゲームを好きになってもっともっと遊ぶ人が増えれば良いですね!
インストさん、お疲れさまでした!また遊びに行かせていただきまーす!

更新情報

更新情報

ボードゲーム情報を更新しました! 【現在 217 件掲載中】 (2017年10月11日)

 ジャスト・フォー・ファン を追加! 
↑ゲーム名をクリックで記事に飛べます↑
Just4Fun_02.jpg
[ 2017/10/12 00:10 ] 更新情報 | TB(0) | CM(-)

ジャスト・フォー・ファン 【ボードゲーム】

 ジャスト・フォー・ファン   ★★★☆☆ ゲーム紹介 2017年10月12日

 マスの主導権を奪い合う、多人数四目並べ

Just4Fun_01.jpg

<基本情報>
【 タイトル 】  ジャスト・フォー・ファン(原題:Just 4 Fun)
【  作 者   】  ユルゲン・グルナウ
【プレイ人数】  2~4人人
【プレイ時間】  30分
【 対象年齢 】  10歳以上

【受賞歴など】 2006年 ドイツ年間ゲーム大賞 ノミネート
【入手・プレイ状況】  ゲーム会でプレイ
【個人評価(4人プレイ)】 ★★★☆☆
久しぶりにアブストラクトっぽいゲームを遊びましたが、気軽に遊べて面白かったです。
簡単に言うと多人数で遊ぶ四目並べゲームです。駒を置ける場所が手札のカードによって
適用できる場所になるためあまり悩みすぎることがなく初心者の方でも楽しめます。
では運だけのお気楽ゲームかというとそうではなく、手札カードの組み合わせによって
駒を置ける箇所が複数あるため、相手をけん制しつつ自分が有利に進むような先を読んだ
プレイも必要になっておりなかなか遊びごたえもあります。
やや手札のカード運の影響が大きめには感じるときもありますが、全体的には運と思考性の
バランスが取れた良いゲームだと思います。
あまりボードゲームを遊んだことのない初心者の方にもオススメできますよ!


【ゲーム内容】
2~4人で遊べる四目並べのようなゲームです。
プレイヤーは4枚ある手札から任意の枚数のカードを出し、その数字の合計数のマスに
自分の駒を置くことができます。原則、この自分の駒が直線で4つ並んでいれば勝利です。

Just4Fun_03.jpg


ただし、4つ並んで入れば即勝利、ということではなく、その対象になった4マスについて
全てのマスで自分の駒が最も多い(単独1位)状態でないといけません。
つまり、直線に並んだ4つのマスのうち1つでも他のプレイヤーの駒以下のところがあると
勝利にはならないわけです。

また、もし1つのマス内で、最多の駒数と他の駒数が2こ以上離れてしまうとそのマスは
最多の駒を置いているプレイヤーの支配したマスとなり、以降誰もそこには駒を置けません。

Just4Fun_06.jpg


以上のルールに従い、手番でカードを出して駒を置く、ということを時計回りに繰り返していき
いずれかのプレイヤーが直線で四目並べを完成させればそのプレイヤーが勝者となります。

Just4Fun_05.jpg
この場合、赤が直線上の四マスすべてで最多となっているため赤の勝利となります。

なお、もし駒がなくなるまで遊んでも誰も四目並べを完成させられなかった場合は、各マスごとに
単独で最も多く駒を置いているプレイヤーがそのマスを支配しているものとし、各プレイヤーは
自分が支配しているマスの数字を合計し他のプレイヤーと比較します。
そして最も合計数が多いプレイヤーが勝者となります。

多くの人が知っている四目並べというとてもシンプルなゲームに、手札のカードを使うという
ひとひねりを加えたとても面白いゲームです。ぜひ機会があれば遊んでみて下さい。
検索フォーム
プロフィール

やおきん

Author:やおきん
大阪府よりお届けしています。

月別アーカイブ