FC2ブログ

浅く潜れ! -ボードゲーム&趣味のブログ-

ドイツボードゲームや小説、映画など趣味のこと書いてます。その他日記代わりなど。

キャメルアップ 【ボードゲーム】

 キャメルアップ   ★★★★☆ ゲーム紹介 2014年8月14日

 ラクダのレースは予想不能!? 追いつけ!追い越せ!乗ってやれ!

camelup_01.jpg

camelup_03.jpg


<基本情報>
【 タイトル 】  キャメルアップ(原題:CAMEL UP)
【  作 者   】  S.ボーゲン
【プレイ人数】  2~8人
【プレイ時間】  30分
【 対象年齢 】  8歳以上

【受賞歴など】 2014年度ドイツ年間ゲーム大賞受賞
【入手・プレイ状況】 自宅ゲーム会でプレイ
【個人評価(3人プレイ)】 ★★★★
最後の最後までどうなるか分からないレース展開が想像以上に熱くバカらしく
とても面白かったです。年間ゲーム大賞は納得の楽しさでした。
ラクダが同じマスになった場合、上に乗せたり下に潜り込ませたりで順位が変わる
ところがとても良いアイデアで、順位が一気に変動してとても盛り上がりました。

自分のラクダを勝たせるのではなく勝者を予想する賭けゲームですが、短い単位で
清算が数回あり、賭けの方法も複数あるので予想が外れてして差がついても挽回が
しやすく、最後まで楽しく遊べます。
また、複数の賭けの方法がありますがすべてとてもシンプルなので初心者の方でも
それほど難しくなく遊べるのもいいところです。もちろん短時間で遊べる点も良いです!

もともと評判が良かったゲームでしたが、大賞受賞と日本語版の発売もあって入手も
しやすくなっており、持っておいて損のないゲームだと思います。

短時間、簡単ルール、多人数可、楽しい、見た目もカワイイと良い所いっぱい。
これ、うちでも絶対買うわw


【ゲーム内容】

5頭(5色)だてのラクダのレース。
ダイスを振って進むラクダに賭けて、1レースで最もお金を稼いだ勝者を決めるゲームです。


各プレイヤーは最初にお金3と、投票用の5色のカード1セットずつ、砂漠タイル1枚を持ちます。

ゲームボード上にそれぞれのタイルや、ラクダの初期位置を決めるなどの用意をします。
ゲームボードは下の写真のようにレースのエリアと賭け等のエリアに分かれています。

camelup_04.jpg


詳細はあとで書きますが、賭けのエリアは大体こんな感じ。

camelup_06.jpg


ゲーム開始前に基本的な決まりをご説明。
まず、1レースの終了=ゲームの勝敗は、16マスのマス目をいずれかのラクダが越えたときです。
(16マスのところにはゴールラインが描かれているので、それを越えたときですね)

次に、1レースの中には「レグ」という単位があり、これは全ての色のラクダのダイスが
1回ずつ振られた区切りのことを言います。
後述しますが、ダイスはピラミッドの仕掛けの中に入れられています。ダイスを振るたびに
ピラミッドの中からダイスが出ますので、全部のダイスが出たら1つのレグが終了となり、
賭けの処理などをしたあとにダイスをピラミッドに戻し、新しいレグが始まるわけです。


さて、ゲームがスタートすると手番プレイヤーは以下の4つのうちから1つを選んで行います。


1、ダイスを振ってラクダを進める(金1のタイルも受け取ります)

2、そのレグのラクダの賭けタイルを1枚取る

3、砂漠タイルをコース上に置く

4、レース全体の賭けをする



んでは、詳細は以下をご覧下さい。。。


1、ダイスを振ってラクダを進める(金1のタイルも受け取ります)

ラクダを進めることに決めたプレイヤーは、賭けのエリアにある金1のタイルをとりダイスを振ります。
ダイスは、コースの真ん中にあるピラミッドの中に入っています。

camelup_17.jpg


ピラミッドを裏返し、スイッチのようなものをグイっと押し込むとダイスが1つ出ます。
出たダイスの目の数だけ、その出たダイスの同色のラクダを動かします。

動かすラクダの状態によって、以下のとおり動かします。

・動かすラクダがコース上に単体で居るか、他のラクダの上に乗っているが1番上である場合
 →そのラクダだけを出た数字分前進

・動かすラクダの上にラクダが乗っている場合
 →上のラクダごと、出た数字分前進。上下の順は変えない点に注意。

camelup_05.jpg

なお、ラクダを動かした先にラクダが居た場合は、動かしたラクダを、もともとそのマスにあった
ラクダの上に重ねちゃってくださいwww



あ、止まったところに砂漠タイルがあった場合の処理は後述です。


2、そのレグのラクダの賭けタイルを1枚取る

レグの終了時に最も前にいるラクダを当てるための賭けをすることができます。

順位は、普通に前後のマスにバラけている場合は前にあるラクダから1位、2位、と数えますが
重なっている場合は、その中で1番上のラクダがより前にいて、下にあるほどより後ろにいると
数えます。この点、注意してくださいね。

レグの賭けタイルは各色3枚ずつあり、的中した場合にそれぞれ金5、金3、金2になります。
タイルは上から5→3→2の順で積まれていて上から取るので、先に取った人ほど配当金が
高いということになります。

なお、その色のラクダが2位だった場合は残念賞として金1だけもらえます。
一方、3位以下になった場合は罰金として金1を支払います。

camelup_07.jpg


3、砂漠タイルをコース上に置く

砂漠タイルは各プレイヤーが1枚ずつ持っており、これをレースコースに置いたり、
すでに置いてある自分の砂漠タイルを置きなおしたりできます。
(砂漠タイルは現在ラクダが居るマスには置けません。また砂漠タイルを隣接させられません)

砂漠タイルは表に+1、裏に-1が描かれており、どちらかの面を上にして置きます。
砂漠タイルのあるマスにラクダが止まった場合、+1だった場合は1マス分前進し
-1だった場合は1マス後退します。

camelup_08.jpg

このときの処理ですが、前進した先にラクダが居た場合、その上に乗せます。
後退した先にラクダが居た場合、一番下に潜り込ませます

なお、砂漠タイルが踏まれた場合、その砂漠タイルの持ち主は銀行おり金1を受け取れます。


4、レース全体の賭けをする

2では「レグの賭け」をご紹介しましたが、こちらはレース全体の賭けです。
最初に配られていた投票カードはここで使用します。

camelup_09.jpg


レースに賭けるプレイヤーは、1位か最下位を予想して賭けることができます。
1位(または最下位)になると予想したラクダの色のカードを、該当する置き場に裏向きで置きます。

camelup_10.jpg


レースの終了(つまりゲームの終了)時にそれがあたっていた場合はお金を受け取れます。
外れていた場合は罰金を取られます。
なお、当たっていた場合に受け取れる金額は、的中させた順番により変わります。

最も早く予想していた的中者には金8、次の的中者には金5・・・という感じで
先に予想していたプレイヤーの方が高いわけです。


以上、手番でできることをご紹介しました。

手番を行ったら左隣のプレイヤーに手番が移ります。
レグが終了するまではそのような順番でゲームを進めていきます。

レグが終了したら、獲得した金1のタイルの枚数分の金を受け取ります。
そしてレグの賭けの結果によりお金を受け取ったり罰金を支払ったりします。

その後、各タイルをもとの場所に戻し、砂漠タイルを手元に戻します。

新しいレグはレグを終了させたプレイヤー(つまり最後のダイスを振ったプレイヤー)の
左隣の人が手番プレイヤーとなって始めます。


こんな感じでゲームを進めていき、いずれかのラクダが16マス目のゴールラインを
越えたらゲーム終了。

レグの終了と同じ処理をし、その後レース全体の賭けの結果の配当金・罰金処理をし
最もお金をたくさん持っていたプレイヤーが勝者となります。


たった16マスのレースですが、ラクダが重なることで予想外のレース運びになり
「このダイス目出るな~!!」とか「出ろー!!」と熱くなりとっても楽しいです!


序盤でオレンジがリードしたかと思ったら。。。

camelup_11.jpg


上に乗っかったラクダが運ばれた後にダッシュかましたりして。。。

camelup_12.jpg


もうだめかと思ったら、また上に乗っかって運んでもらったりして。。。

camelup_13.jpg


上に乗っかったまま、下のラクダが運んでくれて優勝とかwww

camelup_14.jpg


なお。。。

camelup_15_20140814003151d3f.jpg

と、こんな感じでとっても面白いゲームでしたよ~!

[ 2014/08/14 17:01 ] 【その他】 日記など | TB(0) | CM(0)

ホンダカーズ大阪 USJ納車センターで新車を納車!

ホンダカーズ大阪で新車を買ったら
USJで納車式することになった!


20140216_01.jpg


長い間お世話になったホンダのライフがそろそろ乗り換え時期だったので
消費税が上がる前に乗り換えちゃおうと一大決心して車を買い替えました。


ホンダのフィットと日産のノートを試乗してみたのですが、デザインや諸々の条件から
ホンダのフィットを購入することに決定。

買ったのはホンダカーズ大阪の某店だったのですが、そこで

「USJで納車式ができるサービスがすごくオススメ」とのことだったため

USJ好きということもあってそのサービスを受けることにしました。


<チェックポイント その1>

サービスとはいえ、12000円の費用がかかります。
最初聞いたときは「納車で12000円て~!」と思ったのですが、

・USJの入場券(パスポート)4枚つき
・当日は駐車場無料
・写真を撮ってくれたりサービス満点


とのことで、実はかなりお得なのだと納得。



車の契約の最後に、納車の日にちを候補日から2月16日に決定。
時間は後日お伝えします、と話がまとまったのが1月の下旬でした。

なお、入場チケットなどは後日お渡ししますので、とのこと。


<チェックポイント その2>

後述しますが、USJ納車センターでの納車にUSJの入場チケットはいりません。
納車センターはUSJの敷地内ですが、チケットが必要なパーク内ではなく
パークの外側にあります。
ただ、納車の時間によってはUSJで遊んでから納車の時間になったら納車センターへ
行く方もいるので、あらかじめチケット等一式を受け取っておくことになります。

なお、このチケットは有効期間が結構長く設定されているので期間内であれば
いつ使用してもかまいません。
ただし、駐車券だけはこの納車当日のみ無料(日にち指定)となっています。




さて、少々日にちが経過しまして、2月の上旬に自動車保険の見直しの最終手続きもあり
再度ホンダカーズ大阪某店さんを訪問。

そこでチケットの準備もできているということでチケットを受け取りました。
入場券4枚のほか、駐車券(納車当日のみ有効)、ステッカー(納車の人ってわかるように)
などなど一式を受け取りました。

そのときに再度納車センターまでの道のりが書いてある詳細の地図などを頂きあとは
時間を決めるだけ、という状態になりました。


20140216_14.jpg


またしばらく日にちがたちまして。。。納車まで10日ぐらいとなったところで
時間の連絡が。2つ候補があったのですが、朝一番(10時)にして頂きました。

さぁ、あとは当日を待つばかりです!!



で、迎えました当日。。。

迷ったら心配なので2時間ぐらい前には家を出ていざ納車センターへ!
うちの場合は2月でまだ寒かったこともあり、パークで遊ぶのは後日と決めていました。
(この時期はやはり寒いので他の方もそうされる方が多い、とのことでした)


※なお、うちの場合は当日USJで遊ばない、という形での納車式の流れです。
 当日パークで遊ばれる方は、パークから出たり戻ったりと、うちの場合とは
 違う形を取らないといけない場合がありますので、ご注意くださいね。




高速道路が空いていることもあり、すんなりUSJ付近に到着。
9時過ぎに着いてしまったのですがすることがなかったので早めですが入らせてもらいました。
朝早くにも関わらず気持ちよく出迎えてくださいました。早すぎてすいません。。。



<チェックポイント その3>

納車センターの入り口は、通常のパークの駐車場とは違うところにあります。
進行方向的に、パークを左に見ながらぐるーっと裏に回りこむようにほとんど一周し
パークの東側、ホテルや駅のあるほうから入ることになります。


20140216_16.jpg



入るとすぐに納車センターが見えてきます。車で建物に近づくとすぐに係りの方が出てきて
目の前の駐車場まで誘導してくださいました。

20140216_02.jpg


挨拶を交わしたあと、乗ってきた車(うちは下取りだったので)と最後のお別れ;;
「最後のお別れですので、お写真など撮ってくださいね」と納車センターのお姉さんに
オススメされたこともあり、最後の写真撮影をしました。
10年以上お世話になった愛車なので、最後に心の中で「今までありがとう」とお礼。

20140216_12.jpg



愛車とのお別れが終ったら納車センターの中へ。

20140216_03.jpg


中はUSJのキャラクターが描かれていたり映像が流れていたり、かなり広くて綺麗な
スペースになっています。

20140216_04.jpg


ここでドリンクバーの飲み物を飲んだりして、納車式の時間までワクワクしながら待機します。
10時から納車の他のお客さんもそろいだし、少しにぎやかな感じに。

20140216_05.jpg


納車式予定時刻の10分前(9時50分)になると納車センターのお姉さん方が
いそいそとバインダーを持ってそろってきました。

そしていよいよ納車式の時間となり、各お客さんごとに1人の担当お姉さんが付き
納車式の場所(奥の扉の先)へと案内してくださいました。



さて!いよいよ納車式です!
下の写真のように小さなテーブルが置いてありそこで説明などを聞くことになります。
他のお客さんも各テーブルに案内され、そろったところで。。。


20140216_06.jpg


USJらしく気持ちを盛り上げて新車とご対面させてくれます。
(あんまり全部書いちゃうと楽しみ半減なのでこのへんで抑えときます)


新車キタコレ!!

20140216_07.jpg


キーもこんな感じのボックスに入って置かれており、なんかすごいことになってますね!
(あ、ちなみにこのボックスはもらえませんw 渡してもらうまでのディスプレイです)

20140216_09.jpg


興奮冷めやらぬ中ですが、時間もあることですし肝心の納車時説明へと進みます。
なおこの時点で、納車式終了までの時間が大体40分ぐらいですよ~と教えてくれました。


<チェックポイント その4>

ここまでの流れも、ここからの車の説明もですが、納車センターの担当のお姉さんは
とにかくひたすら丁寧で、かつ、スムーズに納車式を進められるよう気配りもしてくれており
素晴らしい対応で大満足でした。しっかりとした研修を受けているんだろうな~と感心です。



書類の確認などを済ませたら・・・

20140216_08.jpg


実際の車の使い方なども丁寧に教えてくれました。

正直今までの納車でここまで丁寧にしてもらったこと無かったので色々と安心でした。

20140216_10.jpg


書類の説明や実車の説明、確認などが終ると写真撮影となります。


納車センターさんの方で用意してくださっているカメラマン(USJの方かな?)が
笑顔を引き出すよう盛り上げて写真撮影をしてくださいます。


<チェックポイント その5>

このカメラマンさんが撮影してくれた写真は後日専用のフレームに入れて
渡してくれるとのことです。
もしもっと早くに納車式の写真が欲しいなーという方は、持参したカメラでも
撮影をしてくれるので、ご自身のカメラや携帯で撮影をお願いしてみてください。



20140216_11.jpg



写真撮影が終ったら、さぁ、新しい車で出発です!!
出て行くときには納車センターのお姉さんが並んでお見送りしてくださいました。

20140216_13.jpg


USJの納車式、最高ですね~~!!

USJというエンターテイメント空間を演出するスタッフさんの対応や気配りなども最高!

ちょっと照れくさかったりしましたけど、納車の日という特別な日が
より特別な忘れられない思い出の日になりました。

ホンダカーズ大阪で新車をご購入される方にはオススメのサービスです!
可能な方はぜひぜひご利用してみてください!


あと、オマケでボールペンやティッシュカバーなども付けてくれましたので
ついでにそちらの写真もあげときま~す。

20140216_15.jpg


<最後になりましたが、いろいろ力添えをしてくださったまっきゃんのご両親に感謝です!>
[ 2014/02/16 23:30 ] 【その他】 日記など | TB(0) | CM(0)

Fortune and Glory (富と栄光)を買っちゃった

Fortune and Glory ついに買っちゃいました。大箱ゲームが2、3個買える価格とデカさ。
みんな持ってるゲームばっかり買っててもしゃーないからと思いきりましたが。。。

image.jpg

ルール軽く読みましたが、ほとんどダイスで解決というかなり荒いルールのようでw
まぁ世界観とコンポーネントが最高にツボだったので、アリでしょうよ!うん、アリアリ!!

誤算は日本語化シールは付いていなかったという点。
さぁ、どうしよう( ;´Д`)
[ 2013/04/10 22:28 ] 【その他】 日記など | TB(0) | CM(0)

マンハッタン計画 (マンハッタン・プロジェクト) 【ボードゲーム】

 マンハッタン計画   ★★★★☆ ゲーム紹介 2013年3月28日

 核兵器の開発なんて物騒なことは、とりあえずゲームの中だけで!

manhattan_13.jpg

manhattan_03.jpg


<基本情報>
【 タイトル 】  マンハッタン計画(マンハッタン・プロジェクト)(原題:Manhattan Project)
【  作 者   】  Brandon Tibbetts
【プレイ人数】  2~5人
【プレイ時間】  120分
【 対象年齢 】  13歳以上

【受賞歴など】 特になし
【入手・プレイ状況】 ゲームストアバネスト で購入
【個人評価(4人プレイ)】 ★★★★
テーマが核開発競争というアレなテーマだけに、出オチ系のネタゲーかと思いきや
ちゃんとしたワーカープレイスメントにリソースマネジメントや拡大再生産の要素も
あるゲームになっており、遊んでいてなかなか面白かったです。

最近よく遊んでいたゲームはアグリコラのように得点手段がたくさんあって複雑な
ものが多かったのですが、このゲームは核開発に関係することのみが得点になる
分かりやすいものなので、わりとすんなり遊び出せる点は良いですね。
(まぁ裏を返せばその流れを失敗しちゃうと追いつけないという欠点もありますが)

また、ちょっと特徴的な部分で「スパイ」アクションにより他人の個人ボード上に
自分のワーカー駒を置けるというのは面白いですね。ワーカー回収のタイミングと
スパイ配置のタイミングの読み合い的な部分もあり、自分のボードだからと安心は
できないのでちょっとした刺激になりました。

一方、気になった部分として、先述のように得点源が基本的に核開発に関する一本道
しかないため、多岐にわたる戦略性はありません。文字通り「開発競争」ゲームです。

また、航空機攻撃が足の引っ張り合いになることが明白で、やった方もやられた方も
誰も得をしない仕組みになっているため、なかなか選ばれにくく機能していない点は
とても残念です。しかも終盤で明らかに点数が低いプレイヤーがトップを直接的に
足を引っ張るためだけに叩くというキングメーカーの問題もあるため厄介です。
せめてここに勝利点等が絡めば戦略的に選択余地があり面白いと思うんですけど。。。
(今度バリアントでやってみようかな)

以上、良い点悪い点いろいろ上げましたが、個人的には結構好きなゲームです。
まぁなんにせよ、核爆弾を作って搭載するところまでがゲームであって「使わない」
っていうところはゲーム的には救いではないでしょうかね。

アートワークを含めコンポーネントやテーマはこのゲームにバッチリ合っていますので
テーマだけで敬遠されている方はもったいないですからぜひ遊んでみて欲しいです。

なお、遊んだ翌日に一緒に遊んだ友達と会社で「あの時プルトニウムの爆破実験が~」
「濃縮ウランの方が~」とか話していると、他の人から変な目で見られました(笑)
あまり公共の場向きの内容ではありませんので、そのへんはご注意を。。。



【ゲーム内容】

「マンハッタン計画」は第二次大戦中に実際に行われた核開発プロジェクトであり
同名のこのゲームはまさしくこの核開発競争をゲーム化したものです。

manhattan_14.jpg


第二次大戦中の史実としてのマンハッタン計画は、枢軸国(対連合国勢力の国家)の
核兵器開発に危機感を持ったアメリカ、イギリス、カナダが科学者や技術者を総動員
して核兵器開発を行った内容ですが、ゲーム内では枢軸国対連合国のような構図は
ありませんし、それぞれが担当する国家も特定の国家を指しているわけではないです。
(拡張セットでは国家名を特定する要素があるようですが、未プレイです)

したがってゲームでは政治的背景はなく、純粋に(?)核兵器開発競争をしていきます。


ゲームの流れとか目的は、

・人、モノ、金のいわゆる3Mを使いこなして増やしていきながらながら
・得点となる「核爆弾の開発」を他のプレイヤーよりも早く、多く行って得点し
・決められた勝利点に最も早く到達する(←この人が勝者)

というものです。


各プレイヤーは、中央に置かれているメインボードと、各個人で所有する個人ボードで
選択できるアクションを駆使して自国の開発をより有利に進めていくようにします。

manhattan_07.jpg
ゲーム終盤では人、モノ、金がそれぞれ潤沢になってくると爆弾作りに勢いが。


プレイヤーはゲーム開始時に一定のお金と最もレベルの低い「作業者」のタイルを持っています。
(スタートプレイヤー以外は調整のために順番に応じてお金や労働者タイルを余分に持ちます)

労働者のタイルには作業者、技術者、研究者の3種類があります。
労働者の種類によって出来る仕事が限られている場合が有り、簡単にいうと
作業者が低位、技術者が中位、研究者が高位のアクションをできるという感じ。
まぁ、一部のアクションスペースは労働者タイルの指定がありますから
必ずしも研究者が強いというわけではありませんのでご注意を。

manhattan_16.jpg

なお、労働者には上記の画像のようにプレイヤー色の常雇労働者とグレーの派遣労働者の
2種類があります。派遣労働者は後述の「労働者の回収」を行う度にストックに戻されます。
まぁ派遣というイメージどおり一時的に使用できるタイルという感じですね。
逆に各プレイヤー色の常雇労働者はあくまでも手元に戻るだけでストックまでは戻りません。


ゲームは、手番プレイヤーが行動して、処理が終われば時計回りに隣のプレイヤー、
という感じでよくある流れになっています。



さて、では手番の説明ですが、手番では以下のAかBの2つのうちから1つを選んで行います。

A、労働者タイルの配置
 a-1.まず、労働者タイルをメインボード1つ配置し、処理をする
 a-2.その後、プレイヤーボードの建物上に労働者タイルを好きなだけ配置し、処理をする

B、労働者タイルを回収する。



A.労働者タイルの配置

まず最初に労働者タイル配置の基本として、メインボードのアクション選択枠と
プレイヤーボードに置かれている建物カード両方に共通で
上部に「必要なもの」下部に「得られるもの(効果)」が描かれています。

また、そのアクションの効果は「置かれたとき」に処理するのであって、置かれている間
ずっと(例えば手順が回ってくるたびに)効果があるのではありませんのでご注意を。


さて、労働者タイル配置を行う場合、

まずはa-1.としてメインボードの1箇所を選び自分の労働者タイルを1つ配置します。
(「爆弾設計」は唯一の例外で、メインボードで2つの労働者タイルが必要なアクションです)

メインボードにはいろいろなアクションスペースがあります。

ざくっとご紹介しますと。。。

【経営資源獲得系】・・・ここを選ぶと対応したものを獲得できる
 建物建設(建物)、工場(お金・航空機)、大学(労働者)

【爆弾資源獲得系】・・・ここを選ぶと爆弾開発に直結するものを獲得できる
 鉱山(ウラン鉱石)、爆弾設計(爆弾カード)、原子炉(ウラン・プルトニウム)

【その他】・・・他プレイヤーへの直接攻撃など
 スパイ活動(他プレイヤーの建物を使える)、航空機攻撃(他プレイヤーへの攻撃)
 修理(破壊された建物を修復)

こんな感じです。

最終的に必要なのは爆弾の開発ですから、最初は経営資源を増やして充実させながら
中盤から終盤には爆弾開発に集中できるようにしていくのが基本の流れですね。


manhattan_11.jpg

メインボードのアクションスペースにはタイルと同じ大きさの枠がある箇所があります。
ここには。その枠に合わせた数までしか労働者タイルを置くことができませんので、
埋まってしまうと選べないアクションになります。

また、同じアクションでも置く枠によって「お金が必要」とか「技術者が必要」など
条件付きのところがあったり、自分以外もお金や資源を獲得できるところがあったりと
どこを選んでアクションを行うかなかなか考えどころになっています。


manhattan_05jpg.jpg


メインボードへの労働者タイル配置が終わると、引き続いて
a-2.プレイヤーボードの建物上に労働者タイルを好きなだけ配置できます

獲得できる建物カードは、メインボードで行えるアクションと似たような効果を持つ
カードがほとんどなので、メインボードのアクションをある程度把握してしまえば
わりと簡単に理解して遊べると思います。

各プレイヤーが個別に持つプレイヤーボードには、獲得した航空機の数を表す部分と
獲得した建物カードを置くエリアがあります。

この獲得して置かれている建物カードの上に労働者を配置して効果を適用するわけです。
すでに労働者タイルが置かれている場所には置けない、というのはメインボードと同じです。

なお、メインボードで「スパイ」のアクションを選択していた場合、一定数まで
他のプレイヤーのプレイヤーボード上に自分の労働者タイルを置くこともできます。
(自分が他者の建物を使いたい場合の他、相手の邪魔をしたい場合にも効果的です)


manhattan_12.jpg
ちなみに、建物カードは何枚でも獲得できるようで、枠数はかんけいないとのことです

以上、労働者タイル配置を行う場合のご説明でした。


B、労働者タイルを回収する。

手番で労働者タイルを回収するアクションを選んだ場合、以下のとおり処理します。

 ※実はここで思い切り勘違いした処理をしていました。なので注意点も書いておきます。

まず最初に、「メインボード」「(自分も含めた)すべてのプレイヤーボード」上の
自分の労働者タイルを全て回収して手元に置きます。

次に、自分のプレイヤーボード上と、爆弾カード上核実験カウンター上
にある労働者タイル全てを適切な場所に戻します。

適切な場所とは・・・

 ・自分の労働者タイル=自分の手元
 ・派遣労働者タイル=ストック
 ・他者の労働者タイル=そのプレイヤーの手元

   ↑ ※実はこの「他者の労働者タイルの回収」を忘れてしまっていたんです。
       回収では「自分の労働者タイル」のみを回収すると思っていたのですが
       自分のプレイヤーボード上にある他者の(スパイである)労働者タイルも
       このタイミングで回収される、というのが正しいのでした。


そして最後にメインボードと自分の手元に残っている派遣労働者タイル
すべてストックに戻します。


つまり回収後は以下のようになっているはずです。

・自分の手元には獲得済みの労働者タイルが全て戻ってきている
・自分のプレイヤーボード、爆弾カード、核実験カウンターの上には他者のものや
 派遣労働者タイルも含めて何も載っていない
・メインボード上に派遣労働者タイルが残っていない


いやぁ、このゲームでこの労働者の回収が一番ややこしい処理かもしれませんねぇ。
もちろんちゃんとルールブックを読めば記載されていることですので、自分の怠慢です。
間違えて遊んじゃって、ほんと申し訳ないです。。。


ちょっと長くなりましたが、以上がプレイヤーの手番でできることとなります。

こんな感じで手番をくり返していきますと、徐々に得点源である核爆弾作りに近づきます。


まずは、核燃料である濃縮ウラン、プルトニウムのもとになるウラン鉱石
(通称イエローケーキ)を集めます。

manhattan_19.jpg


それをもとに、濃縮ウランやプルトニウムという核燃料を獲得。

manhattan_06.jpg
研究者(メガネっ娘)が濃縮工場で濃縮ウラン、原子炉でプルトニウムを作ります

manhattan_08.jpg
獲得した濃縮ウラン、プルトニウムはカウンターで表示(最大8までしか持てません)


そしてついに核爆弾を作ります。

核爆弾作りは他のアクションと違い、手番中であればいつでもいくつでも行えます。
手札の爆弾カードの中から、条件(各労働者数と核燃料)を満たしているカードを出し
必要な分の労働者タイルと核燃料をそこに投入します。これでいっちょあがりです。
作った爆弾は、そのまま下に書かれた数字分の勝利点として自分の前に置いておきます。


なお、核爆弾には「濃縮ウラン爆弾」と「プルトニウム爆弾」の2種類があります。

濃縮ウラン爆弾は割と手軽なウランで作れる点、それなりの勝利点をもたらす点に
優れていますが、核実験を行って点数を伸ばすということができません。
先行逃げ切り型という感じです。

一方プルトニウム爆弾は、プルトニウム獲得が少しウランより手間がかかる点と
核実験をしなければ点数が低めという点がデメリットですが、核実験をしてしまえば
濃縮ウラン爆弾よりも高得点を出せるようになります。
後半一気に追い込み型という感じですかね。


manhattan_15-2.jpg


で、その核実験ですが、プルトニウム爆弾1つを実験に使います。
核実験を行なったプルトニウム爆弾はもう存在しなくなり、カードも廃棄され、その爆弾分の
勝利点もなくなります。
ただし、代わりに核実験カウンター(下の画像)を1枚獲得できます。
早く最も早く核実験を行ったプレイヤーから順に高い数字のカウンターをもらえますので
どうせやるなら早めのほうが良いわけです。
まぁこの辺は現実の科学の世界でも、核実験に関わらず同じかと思います。


manhattan_18.jpg


最後に、作られた爆弾は爆撃機に搭載するとさらに+5点もらえます。
生臭い話ですが、爆撃機に積んでいつでもやれるよ、という状態が最も驚異であり
このゲームの中では勝利点も高くなる、というわけですね。

manhattan_09.jpg

こんな感じで手番をくり返していき、プレイ人数によってあらかじめ決めれている
合計勝利点に最も早く達したプレイヤーが勝者となります。


なお、うちで遊んだ際には雰囲気を出すためにそれぞれのプレイヤーを国に見立てて
国名で呼び合って遊んでいました。そのほうが盛り上がりましたのでぜひどうぞ。

※あとで知ったのですが、拡張セットでは国ごとの設定もあるようでした。
 入手したらぜひ入れて遊んでみたいですね。


最後に一応。。。あくまでもゲームですので、核武装の是非を論じているわけではありません。
そのへんはご理解のほどお願いいたします。(いや、テーマがテーマなので。。。)
[ 2013/03/28 12:06 ] 【その他】 日記など | TB(0) | CM(0)

クリスマス2011

*
クリスマス2011 2011年12月24日

※12月20日ぐらいから年始まで風邪でブログを書く気力がなく。。。遅ればせながら記事UPします

クリスマスの時期はいろいろ飾ったりしてたんですが片付けやホコリの掃除など
なにかと面倒だなということで今年からは部屋の棚にこじんまりと飾ることにしました。
本町というところに店舗向けなどの飾りなどいろいろと雑貨を扱っている店があり
そこでなんやかんや買ったら総額5000円以上で驚きましたw
来年も使えるし、まぁいいか。

クリスマス2011_01


小さいながらもちゃんとクリスマスケーキ。地元でおいしいと評判のケーキ屋さんです。

121224_01.jpg

来年は風邪ひいてませんように!
[ 2011/12/24 23:28 ] 【その他】 日記など | TB(0) | CM(0)
検索フォーム
プロフィール

やおきん

Author:やおきん
大阪府よりお届けしています。

月別アーカイブ