浅く潜れ! -ボードゲーム&趣味のブログ-

ドイツボードゲームや小説、映画など趣味のこと書いてます。その他日記代わりなど。

アンドロイド・ネットランナー 【カードゲーム】

 アンドロイド・ネットランナー   ★★★★☆ ゲーム紹介 2016年3月7日

 “アジェンダ(計画書)”を巡る、電脳世界での企業とハッカーの争い

android_netrunner_01.jpg

android_netrunner_03.jpg


<基本情報>
【 タイトル 】  アンドロイド・ネットランナー(原題:ANDROID NETRUNNER)
【  作 者   】  リチャード・ガーフィールド
【プレイ人数】  2人
【プレイ時間】  30分
【 対象年齢 】  14歳以上

【受賞歴など】 2012年ゴールデンギーク賞ベスト2人ゲーム大賞受賞、ベストカードゲーム賞受賞
【入手・プレイ状況】  インターネットで購入
【個人評価(2人プレイ)】 ★★★★
ものすごくシンプルに言えば、罠の中から当たりを引き当てる心理ブラフゲームのような感じ。
そこに電脳世界での企業とハッカーの攻防というテーマを持たせることでサイバーパンクの
傑作に仕上がっています。とにかく面白かった。

企業側とハッカー側は目的である「計画書(アジェンダ)」を巡って争うのですが、得点化の
過程が全く違います。つまり遊び方が全然ちがうんですね。
企業側は防御を固めつつ罠を仕掛けてハッカーを阻止しながら計画書を実行することが目的。
ハッカー側はハッキングにより企業側の防御を崩し、本物の計画書を盗みだすことが目的。
この非対称システムのおかげでルールは複雑になっていますが、遊び方が広がって良いです。

まだ基本デッキセットのままで遊んだだけですが、セットごとの特徴もかなり偏りがあって
しばらくはそのまま遊んでも色々な戦術を考えられて面白そうです。ただ、真骨頂は自分で
デッキを作って楽しむ、ということなんでしょうね。正直そこは苦手なのでどうなることかw

ただしこのゲームの弱点として、専門用語の多さと非対称システムのせいで、覚えることが
とても多く、敷居が高いということがあります。実は覚えてしまうと基本のルールはシンプル
なのですけど、とにかく最初はややこしいです。雰囲気を重視しているが故の反動として
複雑な用語などが出てくるため、苦手な方はとことん苦手だと思いますね。

加えて、販売形式がLCG(リビングカードゲーム)というだけで、完全に中身はデュエル型の
TCG的ゲームですので、正直好みは分かれると思います。
ボードゲームを遊ぶ方よりもTCGゲーマーの方よりのゲームかなと思います。
面白さで言うと★5個なのですけど、この点があるため★4個にしています。

とまあ、ちょっと敷居の高さは感じるものの、やはりめちゃくちゃ売れているゲームだけあって
とても面白いです。日本語版も出たことですし、これから拡張の発売も期待できると思います
ので、ぜひ敬遠せずに遊んでみてください。僕も始めたばかりですけど。。。



【ゲーム内容】

企業側とハッカー側をそれぞれが担当し、企業側は計画書を守りつつ実行すること、
ハッカー側は企業側の防御を突破して計画書を盗み出すことを、それぞれ目的とする
非対称目的の対戦ゲームです。

android_netrunner_07.jpg


詳細な遊び方を説明しようと思うとルールブックが丸々必要になるため、このブログでは割愛。

簡単に説明すると。。。

企業側・・・所有する各サーバー(手札や山札、場に出ているカードなど)を守るために防御したり
       ハッカーに侵入されたとき用の罠を張ったりしながら、「計画書」を実行して得点します。

ハッカー・・・企業のサーバーにハッキングを仕掛け、防御を突破して「計画書」を盗みます。
        どのサーバーに罠があり、どのサーバーが本物の計画書か、企業プレイヤーの
        動きや心理を読んだり駆け引きをしたりします。

※なお、サーバーとはコンピューター用語で、企業等のパソコンの親玉みたいなもので
  個人ごとのパソコンではなく、企業にある大型のメインコンピューターみたいなものと
  思っておいてください。つまり大切な情報をしまっておく物であり、ハッキングされたら
  えらいこっちゃ、ということですね。



ということで、このブログではルールブックでちょっと分かりにくかったところを補足するため
ちょっと図解化してみました。図解化しても全然スッキリしていないんですけどw


個人的には日本語版ルールブックのP.7、プレイエリアの図で理解できなかったところが
あったため、そこを中心に解説してまーす。たぶん合っていると思います。。。


android_netrunner_04.jpg


プレイ中はこんな形のカード配置になります。


アンドロイドネットランナー_プレイ中イメージ図



まずここでは、コーポ(企業側)のプレイエリアをP.7の図から少し変えて解説しています。
写真の上部が企業プレイヤー側で、下の方がランナー(ハッカー)側です。

android_netrunner_06.jpg


アンドロイドネットランナー_コーポの例_プレイ中イメージ図




で、この場の様子に名前を付けると以下のような感じ。スゲー複雑ですw


アンドロイドネットランナー_コーポの例



ここから、それぞれのエリアごとにちょっとピックアップしてご説明します。



その前に、まず先にこのように点線の長方形が描かれているところは、まだカードは無いですが
配置することができるスペースを表しています。その点ご了承下さい。

アンドロイドネットランナー_未配置の個所



さて、それではまず始めに中央サーバー です。

中央サーバーには下図のように①~③の3種類のサーバーがあります。
日本語ルールブックで個人的に分かりにくかったのが、HQはIDカードだけではなく、手札も含んでいる
という点です。P.7の図には手札が描かれていなかったのであまり分かっていなかったんですよね。
あくまでも、HQのサーバーそのものを表しているのはIDカードですが、ランナーに攻撃された場合
直接作用されるのは手札ですので、ここでHQには手札が含まれている点、理解しておきましょう。


アンドロイドネットランナー_コーポの例_各中央サーバーjpg




次に、中央サーバーの後ろにある、ルート についてです。

ここも日本語ルールブックP.7 で個人的に分かりにくかったのですが、3種の中央サーバーの
後ろには、それぞれルート(のスペース)がある点。
P.7の図では、R&Dとアーカイブの後ろに得点エリア等が描かれていたので、ルートが無いように
最初は思っていましたが、それぞれにルートがあります。つまりそこに強化カードを置けるわけですね。


アンドロイドネットランナー_コーポの例_ルート_02





続いて、遠隔サーバー についてです。

遠隔サーバーは、コーポプレイヤーからみて左側、ランナープレイヤーから見て右側に
ずーっと広がっていくようにカードを配置することができます。
最初は遠隔サーバーはなく、そこに「計画書」または「資財」のカードを置くことで、遠隔サーバーが
出来上がるわけです。
そしてこの遠隔サーバーにしか「計画書」を配置することができず、つまり遠隔サーバーこそが
コーポプレイヤーの大きな得点源なわけです。

なお、現実(リアル)世界でも遠隔サーバーというものは存在し、これは中央サーバーとは
違う場所にある別のサーバーで、中央サーバーは手一杯だから違う場所のサーバーに
別のお仕事させましょうね、みたいな感じだと思っておいてください。
インターネットで繋がっているので、物理的に違う場所にあってもまるで手元にあるPCの
ようにリモート(遠隔)で操作できたりするわけです。(僕も詳しくは知りませんけどw)

なので、遠隔サーバーはうんしょこらしょといくつでも増設でき、それぞれが違う場所なので
それぞれが違う防御をしたりできるわけです。リスクの分散ってやつですね。
(下の例だと、遠隔サーバーA号機、遠隔サーバーB号機、遠隔サーバーC号機…のように)

ネットランナーのゲームの中では、基本的に遠隔サーバー1つにつき「計画書」または
「資財」を1つだけ配置できます。
そして、それを補強する「強化」のカードはいくつでも配置できます。

アンドロイドネットランナー_コーポの例_遠隔サーバー




そして最後にサーバーを守るカード アイス です。

現実世界ではアイスではなく、ファイアーウォールと呼ばれているものに近いんですかね。
ハッキングなどの攻撃に対する防御壁で、突破されないようにいろいろな種類があります。
このゲームの中にも、アイスは4種類あります。(拡張セットは知りません)

アイスは、サーバーごとに各サーバーの前方(ランナー側)に横向きで配置します。
そもそもアイスのカードは横向きなので、表向けたときにも横向きで大丈夫です。

なお、アイスは後で配置するものほど前方(ランナーより=外殻といいます)に置きます。
ランナーがハッキングする際、遠隔サーバー内の「計画書」をゴールとするならば
まずは最も外殻(ランナー側)のアイスと対決することになり、それを打ち破った先に
さらにアイスがあるならばそのアイス、さらに進んで・・・という感じでサーバーは攻撃を
受けることになるわけです。

アンドロイドネットランナー_アイスの例



一方、ランナー側は割とシンプルです。
ランナー側のプレイエリアはだいたい下のような感じですね。

アンドロイドネットランナー_ランナーの例_プレイ中イメージ図


これに、先ほどのコーポ側と同じように名称などを付けると下のような感じ。
名称を付けてもそれほどごちゃごちゃしていないですね。

アンドロイドネットランナー_ランナーの例


カードをプレイ(場に出す)エリアも、向かって左側の「リグ」がメインになります。
しかも1番上の列がプログラム、2段目の列がハードウェア、1番したがリソース、というように
出す場所も決まっているのでわかりやすいです。


さて、駆け足でしたがお互いがカードを出していくことで、このようなプレイエリアの状態になります。
これをある程度理解しておくと、ゲームはスムーズに始められると思いますよ。

まだ始めたばかりなので間違いなどあれば教えてくださいね!



こんばんは 近況報告
お久しぶりです。この間はゲームのお薦め紹介ありがとうございます。とても参考になりました。先週末もゲーム会してX-WINGではファントムで2勝することができました♪ 理解していくと勝てる機体ですね♪ あとはここで紹介しているネットランナー友人が購入してテストプレーしましたが私は企業側のほうが好きでした♪
他にも枯山水 これも渋く面白いゲームですね♪
あとは海底探索とか犯人は踊る等多人数ゲームで盛り上がりました♪ 回を重ねるごとに人数増えていき大人数用のゲームが必要なのですが7~10人用のゲームはなにかお薦めありますか? お手数おかけしますがよろしくお願いします。
[ 2016/03/23 23:02 ] [ 編集 ]
こんにちは、junkisimotoさん。コメントありがとうございます。

X-WING楽しまれていますね~。いいな~!
TIEファントムは慣れると面白いですよね~。飛ばしたくなってきましたw

アンドロイド・ネットランナーもやり込み要素がすごくあるので
デッキ型の対戦ゲームに抵抗なければ楽しいですよね。
僕はマジック・ザ・ギャザリングが難しく感じてやっていなかったんですが
ネットランナーは割とすんなり入って、その後も楽しめています^^
枯山水はまだ遊んだことないですが、雰囲気も良いゲームですよね。

人数が7~10人でもいけるゲーム、ということですが、いくつか遊んだ
ことのあるものですと、まず7人ならば「世界の七不思議」がいけますね。
いっせーのーで、と同時に行動を選択するため、人数が増えても長時間に
ならないという良いゲームです。ただし、両隣以外のプレイヤーとは
基本的に絡みが出てこないので、そのへんはご注意を。

あとは人狼系ゲームも多人数いけますが、個人的に面白かったのは
レジスタンスというシリーズの「アヴァロン」です。
アーサー王伝説をモチーフにした人狼系ゲームですが、レジスタンスを
よりブラッシュアップされたようなゲームで面白いです。

6人以上ぐらいから楽しいゲームという点では、パーティー系では
「テレストレーション」(イラストによる伝言ゲーム)が一番ですかね。
コミュニケーション・パーティー系になりますが、他にも「コンセプト」や
「私の世界の見方」なども、良いと思います。

時間調整用という点では、定番ゲームですがカードゲームのニムトも
面白いですよ。

参考にしていただけると幸いです。
[ 2016/03/24 12:19 ] [ 編集 ]
お久しぶりです
こんばんは このあいだは大人数のゲームのお薦めを教えていただきありがとうございます。大変参考になりました。アヴァロンは売っているところがわからず購入できませんでしたが私の世界のみかたは購入してやりましたら盛り上がり何度もプレイしてしまいました♪アドバイスありがとうございます♪他のゲームも入手できましたらプレイしてみたいと思います。世界の7不思議もやったのですが初心者にはちと難しく面白さがよく伝わらなかったです。私の説明もわるかったのかなと反省しています。X-WINGはあいかわらずファントムで勝率を維持していますがそろそろデッキを見直すじきになってきました。ネットランナーは企業側でプレイしていますが勝てなくなってきているのでランナー側をプレイして研究しようと思います。
あとは今仲間内で一番人気なのがドラスレです。
拡張を使うと11人までプレイできるのと意外とルールが分かりやすく時間もかからないと人気でプレイ率高いです♪
話がながくなってすいません。最近の近況でした。では今後ともよろしくお願いします♪
[ 2016/04/11 20:58 ] [ 編集 ]
こんばんは、junkisimotoさん。コメントありがとうございます。

大人数で遊べるゲームを楽しまれたようで、よかったですね!
アヴァロンは割りと普通に売っていたと思ったのですが、最近品薄なんですかね?
レジスタンス・アヴァロンで探してみてください。

世界の七不思議はちょっと初心者の方だと難しいかも知れませんね。
一度理解してしまうとそれほどややこしくないのですが、最初の説明は
割と重要かもしれません。どのへんが分かりにくかったか教えていただければ
ご説明しますので、また遊ばれるようでしたらご連絡ください。

私の世界の見方は、うちで遊ぶときも盛り上がりました。
素人でも遊べる大喜利みたいな感じなので楽しいです。

Xウイングは色々変えてみても面白いのでぜひ強いのを見つけてくださいね。
ネットランナーも基本セットの組み換えだけでも結構遊べますので、色々と
デッキを作ってみると面白いですよ!僕もハマってますw

また楽しい話おしえてくださいね!
[ 2016/04/11 23:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
プロフィール

やおきん

Author:やおきん
大阪府よりお届けしています。