浅く潜れ! -ボードゲーム&趣味のブログ-

ドイツボードゲームや小説、映画など趣味のこと書いてます。その他日記代わりなど。

ミュージカル「オペラ座の怪人」(劇団四季)

劇団四季のミュージカル

『オペラ座の怪人』を観ました!


『オペラ座の怪人』大阪四季劇場

オペラ座の怪人のミュージカルは、ロンドンのウエストエンドで観たのと
今回の大阪公演5月7日に観たのとで通算3回目。

前回はまだ未体験の2階席をあえて選びましたが、今回は1階の右側中央寄り
通路側の良席だったのでかなり見応えありました。

感想としては、良かった順でロンドン>今日>前回かな・・・

やはり英語歌詞でぴったりハマる曲が多いので、日本語歌詞では
字余り・字足らず等が気になりますねぇ。ストーリーは理解できるけど。

ただ、それを差し引いてもかなりよく出来たミュージカルでしたけど!

とりあえずこれで今回の大阪公演は見納めか・・・
千秋楽、行けたら行きたいなぁ。。。


【オペラ座の怪人】

 ガストン・ルルーの小説をもとにしたアンドリュー・ロイド・ウェバーの
作曲によるミュージカルで、ロンドンでは20年以上の超ロングランの傑作。
 19世紀末のパリ、オペラ座が舞台。
 劇場の地下に潜む仮面の男”ファントム”と、ファントムを父の遣わした
「音楽の天使」と信じ、レッスンを受けるコーラスガールのクリスティーヌと
クリスティーヌの幼なじみで新たにオペラ座のパトロンとなったラウル子爵の
3人を中心に、様々な事件が起る。

 アンドリュー・ロイド・ウェバーの音楽と、シャンデリアの落下等、派手な
舞台演出など、見所が随所にある傑作ミュージカル。


ロンドンの"HAR MAJESTY'S THEATRE"(ハー・マジェスティーズ・シアター)
ではオーケストラも生演奏という豪華さ!すごかった!
(2007年の大阪公演は残念ながら生演奏なし)
 
ロンドン、ウエストエンドの「Har Majesty’s Theatre」

↑ロンドン、ウエストエンドの"Har Majesty's Theatre"
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

劇団四季
000ステージ超、俳優・スタッフ700名以上を有する日本最大規模の劇団。劇団創立は1953年(昭和28年)7月14日。海外ミュージカル作品の上演だけでなく、オリジナルミュージカルも人気がある。日本においてミュージカルを定着させるのに大きな役
[2007/08/04 07:15] あやねの日記
検索フォーム
プロフィール

やおきん

Author:やおきん
大阪府よりお届けしています。