浅く潜れ! -ボードゲーム&趣味のブログ-

ドイツボードゲームや小説、映画など趣味のこと書いてます。その他日記代わりなど。

ゲーム会 まささんゲーム倉庫 2015年5月6日

前々日、前日に続き、今日もゲーム会です。
以前にも一度遊ばせてもらった、まささんのゲーム倉庫です。

個人的には3日連続のゲーム会は初めてで、充実したGWでした。休み短いけど。。。


13:00ごろに到着し、まささん、Iさん、僕やおきん、嫁まっきゃんの4人で遊びました。



ブラックビエナ(ブラックウィーン)

アルファベットのカードを使い、クルードのように、自分と他のプレイヤーが持っていない
つまり「場にないカード」を当てるゲームです。
クルードのように部屋を移動したりする部分がないため、パズル的でスマートな印象。

20150506_01.jpg

カードの巡り会わせと、慣れていないこともあり誰も当てられず終了。
ですがとても面白かったです。



ハイジとペーター
20本中、何本の旗を立てているかのクイズを出し、答えとの差分だけゲームボード上を
コマが進んで頂上をめざす登山ゲームです。
面白いのは、必ずペーター(男コマ)がハイジ(女コマ)よりも必ず前に居なければならず
また、ゲーム終了時の得点計算ではペーターとハイジができるだけ近くにいる必要もあり
つかず離れずの距離をどう保つか、旗の数の読み合いが面白いです。

20150506_02.jpg

Iさんがゲーマーらしくエグい予想をしたり(笑)、完全にはめられて2つのコマの距離が離れて
しまったりと、9歳以上のゲームとは思えない殺伐とした大人のゲームになっていましたw

終了条件の登頂時点で、ペーターとハイジ間の距離は、まささんも僕も同じだったのですが
より頂上に近いまささんの勝利となりました。

それにしても、これ絶対ペーターとハイジじゃない気がするんですが。。。
箱絵にもどこにもお2人登場しませんのでw



エコノス

株を売買したり、企業の成長をコントロールしたりすることで企業価値を高め、儲けを増やす
経済ゲームです。自分の所有する会社が固定するわけではなく、筆頭株主として社長の立場で
間接的にその会社に影響力を及ぼす点が面白かったです。

ただ、成長力の肝心な部分でルールの誤解があり、会社の乗っ取り合戦があまり起こらない
状況だったので本来の楽しみ方の半分も楽しめていないと思います。それでも面白かったですが。
今度はちゃんとしたルールで遊びたいですね。

20150506_03.jpg

途中でルールの誤解に気づきましたが中盤までそのルールで遊んでいたので初志貫徹で
誤解ルールのまま遊ぶことに。終盤であまり派手な動きができず、後追いのプレイヤーが
不利な状況になりましたが、なんとなくまっきゃんが勝利してましたw
たぶん本人はあまり勝ち方わかっていなかったので完全にごっつぁんゴールですがwww
終盤なんとか粘りに粘ったIさんが1点差で2位。まささんと僕は同点3位です。



ここでちょっとコミュニケーションゲームでもしましょうかということで、Iさんがゲームマーケットで
購入してきたばかりという「あてっこついたて」を遊びました。


あてっこついたて
お題に関するものを文字でなにか書いて、それをプレイヤー間で回して交換。
交換した「他のプレイヤーが書いたもの」を質問しながら当てるゲームです。
交換する際、自分の前に来たものは自分には見えないようにしますが、
他のプレイヤーからは見えます。
順番に「これは大きいものですか?」など質問をしていき、見えているプレイヤー達は
それを自分の主観で判断し、YesかNoのハンドサインで答えます。
早くわかったプレイヤーが勝ちます。

20150506_04.jpg

もともとのお題の捕らえ方が人それぞれなので、かなりひねったものを書く人もいれば
シンプルなものを書く人もいて、質問が答えとかけ離れていったりして楽しいです。
かなり盛り上がって楽しかったです。
詳細を書くとこれから遊ばれる方が居た場合に影響するため、伏せておきますが
かなり爆笑でしたw



ブラックビエナ(ブラックウィーン)

残り時間も少なくなってきたので再びブラックビエナをプレイ。
今度は2回目ということもあり割と順調に対象を絞り込めていきました。
終盤、他のメンバーよりも少し早く絞り込みに成功していたIさんが特定して勝利。
あと2手番ほどあれば僕とまささんは勝利できていたかも知れず、残念です!
まっきゃんはメモの取り方をミスって1人パニクッていましたw

これ、良いゲームですが絶版なのが残念です。


いつも遊ぶゲームとは少しカラーの違うゲームを遊ばせてもらいとても楽しかったです。
ぜひまた遊ばせてくださいね!
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
プロフィール

やおきん

Author:やおきん
大阪府よりお届けしています。