浅く潜れ! -ボードゲーム&趣味のブログ-

ドイツボードゲームや小説、映画など趣味のこと書いてます。その他日記代わりなど。

『ディパーテッド』 を観ました

DEPARTED


主演:レオナルド・ディカプリオ
   マット・デイモン
   ジャック・ニコルソン

監督:マーティン・スコセッシ

お気に入り度:★★★☆☆☆☆☆☆☆(10点中/3点)


<ひとことコメント>
例えるなら、正統派サスペンスで「犯人は超能力者だった」
というぐらいの理不尽さ。


元ネタの映画をみていなかったためCMと予告で観にいきましたが
かなりガッカリな作品でしたねぇ。

↓以下ネタバレあり(反転させてます)

序盤はディカプリオ扮する警官がマフィアに潜入するところと
ジミー大西、もとい、マット・デイモン扮するマフィアの一味が
警察官となり、キャリアアップしていく様子などを描いています。
このへんは普通かな。

中盤では正体がバレるかもわからない状況ができてしまい、そこから
話がスリリングに展開するのかと思いきや、あっさり警察のボスや
マフィアのボスが死んだり、挙句の果てにはディカプリオも一撃で
殺され、その殺した奴は突然「おれも(マフィアの)ネズミ(潜入者)だ」
みたいな感じで、何の伏線もなく衝撃的な告白w
しかもそいつその数秒後にはこれまた一撃で殺されてるし、最後は
ジミー、もといマット・デイモンまで一撃で殺される始末。
ジミーちゃんなんかは恋人にも振られ、マフィアである本来の居場所も
結局は自分の行動で失ったわけだし、あっさり殺しちゃうよりも
そのまま生かしちゃうほうが絶望的じゃないかなぁ。

ダマしダマされの展開などはほぼ皆無で、伏線のないまま突然展開する
ストーリーと衝撃の告白に唖然。

キャスティングなどは悪くなくキャラクターも立っているだけに、
最後の方の誰も彼も殺して、はい終わり、みたいな展開に幻滅。
観終わって何も残らない作品でした。


観る前に「『追いつめられて』みたいな緊張感ある映画かなぁ」とか
思ってただけに、ショボーンってなりました。
(『追いつめれれて』はケビン・コスナー主演の映画で最後の方の
 犯人探しのあたりはかなりスリリングで見応えありです)

まぁとにかく、コンセプトがいまいちわからん映画でした。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
プロフィール

やおきん

Author:やおきん
大阪府よりお届けしています。