浅く潜れ! -ボードゲーム&趣味のブログ-

ドイツボードゲームや小説、映画など趣味のこと書いてます。その他日記代わりなど。

アメージング テーブルゲーム 【書籍】

*
 アメージング テーブルゲーム ★★★★★ ゲーム紹介 2010年10月31日

 初心者向けのゲーム雑誌です。オマケでワードバスケット付き!

amazingtablegame_01.jpg


<基本情報>
【 タイトル 】  アメージング テーブルゲーム
【  作 者   】  
【入手・プレイ状況】 イエローサブマリンで購入
【個人評価】 ★★★★★
ボードゲームの新しい情報誌が発売されたとのことだったので早速購入しました。
「アメージング テーブルゲーム」という雑誌で、日本語化されている海外ボードゲームや
国産の人生ゲーム、野球盤など、幅広く取り扱っています。

まず最初に割りと簡単な海外ボードゲームが紹介されています。

子供向けゲームで定評のあるHABAの「サイトシーイング」から始まり
「カルカソンヌ」「ディクシット」「ガイスター」「もっとホイップを」など
初心者にもオススメしやすいゲームが多いですね。

amazingtablegame_02.jpg


そして次に国産の代表的ボードゲームである人生ゲームの変遷などを紹介。
まず日本でボードゲームといえばとりあえず人生ゲームから始めた人も多いと思いますので
なつかしのパッケージなど歴代のものから自分が遊んだものを探すのも面白いです。

amazingtablegame_03.jpg


ちょうど真ん中あたりにはカードゲームの紹介が掲載されています。
「お邪魔者」「ごきぶりポーカー」「ニムト」など日本語化もされて定評のあるものや
すごろくやさんオリジナルの「イチゴリラ」や、国内で一般的によく遊ばれている
UNOのバリエーションなども紹介されています


amazingtablegame_04.jpg


後ろのほうには初心者の方には少し難しめ(ゲーム経験者の方にはおなじみですかね)の
ゲームが紹介されています。「ナイアガラ」や「ドミニオン」などドイツゲーム大賞の
受賞ゲームや、日本語化されている「パンデミック」や「あやつり人形」、さらには
最近日本語版が出たばっかりの「電力会社」まで載っています。

amazingtablegame_05.jpg


あと、野球盤なんかも載っているので、これも懐かしく読ませてもらいました。

amazingtablegame_06.jpg


そして最後には「ワードバスケット」のコンパクト版がオマケとして付いています。
これはかなりお得じゃないでしょうか!

amazingtablegame_07.jpg


全体的にゲーム未経験者や経験の浅い方に読みやすい内容になっていると思います。
お値段的にも1000円+税なので、おまけのワードバスケットだけで考えても
かなりお得だと思いますし、もし興味をお持ちの方などがいらっしゃたらオススメですね。

ただ、タイトル的に「アメージング テーブルゲーム」という雑誌なので一般に浸透するか。
別に悪いタイトルだとは思わないのですが、「テーブルゲームを始めよう」とか
「初心者の~」とかベタなタイトルの方が認知されやすかったかもしれませんね。

<補足>先日確認したところ、一般的な書店の将棋やチェス、トランプなどの書籍を扱っている
コーナーでこの本を見かけましたので一般的な書店で扱っているようですね。
店頭に並んでいる冊数は少ないものの、複数の書店で確認出来ましたので
入手しやすいというのもこの雑誌の良いところかもしれません。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
プロフィール

やおきん

Author:やおきん
大阪府よりお届けしています。