浅く潜れ! -ボードゲーム&趣味のブログ-

ドイツボードゲームや小説、映画など趣味のこと書いてます。その他日記代わりなど。

プロ女流棋士VSコンピューター(あから2010)

少し前から話題になっているのは知っていたのですが、女流棋士とコンピューターが
対戦するという話。コンピューターが勝利を収めたとのことでした。


コンピューター将棋システム「あから2010」のスペックは素人から見ても
恐ろしく高スペックです。すごいパソコンいっぱい使ってますねぇ!

【あから2010】

•情報処理学会の「トッププロ棋士に勝つ将棋プロジェクト」特製システム
•阿伽羅(あから)は10の224乗という数を表し、将棋の局面の数がこの数に近いことに因んで命名
•ハードウエア部
-東京大学クラスターマシン:
 -Intel Xeon 2.80GHz, 4 cores 109台
 -Intel Xeon 2.40GHz, 4 cores 60台
             合計 169台 676 cores
-バックアップマシン:4プログラムそれぞれについて1台ずつ
 -CPU: Xeon W3680 3.33GHz 6cores
 -Memory: 24GB (DDR3 UMB ECC 4GBx6)


なのに!!


このニュースでもっとも驚いたというか衝撃的だったのが
コンピューター「あから2010」のキャラクターイラスト。

akara.jpg

ええの!?ホンマにこれで!??(笑)

僕的にめちゃくちゃツボです。大好きです!!(笑)


↓詳細はこちら

情報処理学会
http://www.ipsj.or.jp/50anv/index.html
コンピューターに升田名人をやらせて夢の対決、羽生善治VS升田幸三っちゅうのを見てみたいなあ!
きっと序盤から中盤が無くていきなり終盤を迎えるような激しい将棋になるぢゃろねえ。想像しただけでワクワクする。
どっちを応援すればええんか迷うなこりゃ。
[ 2010/10/12 02:08 ] [ 編集 ]
升田名人というのは知らなかったのですが、故人で偉大な棋士だったそうですね。

そういう夢の対決みたいなものが実現できるなら凄いことになりそうですね。

そういえば昔ダービースタリオンとかウイニングポストとかで過去の名馬と
対決して大きなレースを獲れたときはすごくうれしかったです。
[ 2010/10/12 12:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
プロフィール

やおきん

Author:やおきん
大阪府よりお届けしています。