浅く潜れ! -ボードゲーム&趣味のブログ-

ドイツボードゲームや小説、映画など趣味のこと書いてます。その他日記代わりなど。

マンマミーヤ! 【カードゲーム】

*
 マンマミーヤ!  ★★★★☆ ゲーム紹介 2009年12月25日

 記憶?直感?思い切り?いや~、記憶って曖昧なもんですね~。

mammamia_01.jpg
mammamia_06.jpg


<基本情報>
【 タイトル 】  マンマミーヤ!(原題:MAMMA MIA!)
【  作 者   】  ウヴェ・ローゼンベルグ
【プレイ人数】  2~5人
【プレイ時間】  30~40分
【受賞歴など】 1999年ドイツゲーム大賞ノミネート 1999年ドイツゲーム賞8位
         1999年アラカルトカードゲーム賞2位

【入手・プレイ状況】 大阪府八尾市のボードゲーム専門店 パティークローバーで購入
【個人評価(2人プレイ)】  ★★★★
山札をプレイヤーがカードを出して作っていくという発想が面白いです。
記憶って言うのは思って以上に曖昧なものだな~と思いました。
多人数だと複数プレイヤーの思惑があるので記憶よりも直感で遊ぶ感じが
より強くなるかもしれませんが、2人だとある程度記憶できる気がするので
結構ガッツリ記憶をしようと頑張ってしまいます。
でも結局全部覚えるのはしんどいので、やっぱり直感で軽く遊ぼうかな~(笑)
 


【ゲーム内容】
ゲームの目的はレシピカードのピザをより多く完成させることです。
まず各プレイヤーは順番にトッピングカードとレシピカードを出して
山札を作っていきます。

mammamia_07.jpg

トッピングカードはその種類と枚数を宣言して表向きに、下のカードが見えないように
重ねて場に出していきます。レシピカードも同じように重ねて出していきます。
これがあとでピザを完成させるときの山札になります。

山札が完成すれば今度はそれを裏向きにします。
(つまり最初に出したカードが1番上にきます)
そしてその山札からカードを1枚ずつめくり、めくったカードはトッピングの
種類ごとに重ねて並べていきます。

mammamia_08.jpg

山札からレシピカードが出た場合、ピザが完成するかどうかの判定をします。
そのレシピカードに描かれているトッピングの種類と数以上のトッピングカードが
すでに山札からめくられて満たされる状態であればピザは完成。
このレシピカードを出していたプレイヤーはこのレシピカードを受け取り
自分のエリアに並べて置きます。

mammamia_09.jpg
mammamia_10.jpg

逆にレシピカード分のトッピングがなかった場合はピザは未完成となり
このレシピカードはプレイヤーに戻されます。
全ての山札がめくられればそのラウンドは終了。使われなかった
トッピングカードは次のラウンドに持ち越されます。

そして次のラウンドがスタート。
また先ほどと同じように手札のトッピングカード、レシピカードを出して
山札を作っていき・・・というように、これを合計3ラウンド行います。
3ラウンド終了して最も多くのピザを完成させている人が勝者です。

このゲームはなんといっても手札からトッピングカードとレシピカードを
出して山札を作るというところに面白みがあります。
なかなか出た全てのカードを覚えることはできませんので、ときには
直感を信じてレシピカードを突っ込む勇気が必要です。

記憶に自信があっても「え~~!!これ完成できへんやん!!」という
悲鳴は途絶えることがありません(笑)


【プレイ記録】
2009年12月16日
やおきん7点、まっきゃん6点 やおきん1勝。

2009年12月17日
やおきん6点、まっきゃん5点
やおきん7点、まっきゃん6点 やおきんの2勝。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
プロフィール

やおきん

Author:やおきん
大阪府よりお届けしています。