浅く潜れ! -ボードゲーム&趣味のブログ-

ドイツボードゲームや小説、映画など趣味のこと書いてます。その他日記代わりなど。

小説 『私が彼を殺した』 を読みました

『私が彼を殺した』
作者:東野圭吾 講談社文庫

お気に入り度:★★★★

<あらすじ>
 婚約中の男性の自宅に突然現れた一人の女性。男に裏切られたことを知った彼女は服毒自殺を図った。男は自分との関わりを隠そうとする。醜い愛憎の果て、殺人は起こった。容疑者は3人。事件の鍵は女が残した毒入りカプセルの数とその行方。加賀刑事が探りあてた真相に、読者のあなたはどこまで迫れるか。(文庫本 裏表紙より)

<感想など>
 この作品の特徴は、最後まで真犯人とトリックなどが明らかにされないことです。つまり、読んだ読者自身が推理をし、犯人を突き止める必要があるわけです。
 物語の展開はあらすじにあるような内容ですが、最初の方は推理を気にせずにどんどん読んでいけます。そんな感じで結局最後まで読んでしまい、全く推理できませんでしたw ただ、文庫版の最後には袋とじがあり、その中にかなり深く、というよりほとんど正解の「推理の手引き」が載っていますので、純粋にフーダニット型の推理小説として読んでも面白いですよ。
 どうしても自分で推理したい方は、一度読んでからもう一度読み直せば、かなりヒントになるところがあることに気づくと思います(´∀`)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
プロフィール

やおきん

Author:やおきん
大阪府よりお届けしています。