浅く潜れ! -ボードゲーム&趣味のブログ-

ドイツボードゲームや小説、映画など趣味のこと書いてます。その他日記代わりなど。

交易王 【カードゲーム】

*
 交易王 ★★★★☆ ゲーム紹介 2009年10月8日

 相場の動きを読み、操作し、交易王を目指す。

kouekiou_01.jpg
kouekiou_02.jpg

<基本情報>
【 タイトル 】  交易王(原題:Handelsfuersten Herren der Meere)
【  作 者   】  ライナー・クニツィア
【プレイ人数】  2~4人
【プレイ時間】  30~40分
【受賞歴など】 2008年日本ボードゲーム大賞5位
【入手・プレイ状況】 イエローサブマリンで購入
【個人評価(2人プレイ)】 ★★★★
相場を操作するのは自分の手番ですが、他プレイヤーの積荷の現況、その現況から
読み取れる他のプレイヤーが作るであろう先の相場、積荷のストック(残り)状況など
分かり易いながらも、しっかり考えていく必要があり遊び応えがありました。
購入したカードの効果で多少は手番にできることを増やせますが、基本的には
手番にできることは少なく、どの一手を打つかが悩ましく、クニツィアのデザイン
らしい思考ゲームになっています。
カード、チップ、積荷コマという非常にシンプルなコンポーネントと、僅か2ページ分の
シンプルなルールとは思えない、とてもまとまった素晴らしいゲームだと思います。

2人プレイだとカードを溜めるので、ドカーンとカードを出す荒っぽいゲームに
なりがちなので、所持できるカードの上限を制限する等、多少縛りを入れた方が
よりゲームが引き締まる気がします。


【ゲーム内容】

各プレイヤーは最初2つずつの船をもち、そこへ積荷を置きます。
積荷は船1つに1つしか置けません。つまり最初は積荷2しか持っていません。
場の中央には6枚のカードを表向きに並べ、それが積荷の相場になります。
プレイヤーは毎ターン、積荷を入れ替え、自分に有利な相場になるように
品物カードを出して相場を操作し、できるでけ多くのお金を得ます。

手番は2つのフェイズがあります。
まず最初は品物(積荷)1つを入れ替えたり、カードを購入するフェイズ1。
次に、相場を変えてお金(得点)を獲得したり、カードを補充するフェイズ2。
フェイズ2の得点は、自分だけでなく同時に他のプレイヤーも獲得しますので
自分だけでなく、他のプレイヤーもお金(得点)をタップリもらうことがあります。
できるだけ自分だけが得をする相場にしたいものです。

獲得できるお金(点数)の計算は、
”場に出したカードと同色のカード枚数×対応する自分の品物の数”です。
例えば、自分が赤の品物2個と、青の品物1個を持っており
場の6枚のカードが赤黄黄黄青青だったとします。
この時点で赤のカードを2枚出して黄2枚に重ね相場を変えた結果
赤赤赤黄青青になったとします。
この場合は赤3×品物赤2=6点ということになります。

上記の例で例えば赤色の代わりに青を2枚出して黄に重ねた結果
赤黄青青青青になったとすると
青4枚×品物青1=4点ということになります。

kouekiou_05.jpg

相場の操作は、下の写真のように、場中央に出ている6枚のカードの上に
出したカードを重ねることで行います。
できるだけ自分の積荷に有利で、他のプレイヤーの積荷に不利な結果になるよう
相場を操作することが必要です。

相場を操作したときのみに得点が入りますので、注意が必要です。
自分の持っている説明書にはこの説明が書いておらず、分かりにくかったです。


実はうちではここのルールを取り違えており、相場を変えるためにカードを出し
その時点での6枚のカード全てを得点対象にすると思っていました。
つまり、先ほどの例で品物赤2つ、品物青1つを持っている状態で赤カードを出した後
場の6枚のカードが例えば赤赤赤赤青青となっていたとすると
本来は今出した赤についてのみ得点するので赤4枚×品物赤2=8点なのですが
青の方も有効になると勘違いしており、さらに青2枚×品物青1=2点をもらえると
勘違いしていました。
「得点を出来るのは品物カードを出した色についてのみ」というのが正しいようです。

で、せっかくなので間違っていたルールはうち用のヴァリアントとすることにしました。
場に出ている相場が全て反映されますので、どの色に重ねていくかも考えるため
間違ったルールとはいえ結構面白かったので。


kouekiou_04.jpg
相場を操作する品物カードは、1種類なら複数枚出すことが出来ます。

なお、フェイズ2で相場を操作=得点をせずに、手札を増やすこともできます。
この場合は山札から品物カードを2枚引き手札に加えます。
手札の上限はありません。


また、フェイズ1では持っているお金を使ってカードを購入できます。
例えば10を払って船を購入し積荷を増やしたり、特殊効果のあるカードを得たり。
ですが、お金=得点で、しかも購入したカードは最終的には得点になりません。
したがって、お金(得点)をどこまでカード購入にあて、どこから出費を抑えるか
これが勝利を得るためには非常に重要な判断になります。

kouekiou_06.jpg

ゲームが終了したとき(山札がなくなったとき)にもっともお金を持っていた人が勝利。
(前述のように途中で購入したカードや、手札などは一切得点になりません)

kouekiou_07.jpg
終盤の様子
ルールで一つ気になったところがあります。

>獲得できるお金(点数)の計算は、
”場に出ている同色カードの枚数×対応する自分の積荷の数”です。
例えば、自分が赤の商品1個と、青の商品1個を持っており
相場が赤3枚、黄色1枚、緑2枚だったとします。
この場合は赤3×赤商品1=3点ということになります。

>上記の例で例えば黄色の代わりに青が1枚あったとすると
赤3×赤商品1=3、青1×青商品1=1 合計4点、ということになります。

得点になるのは出されたカードの色だけです。相場を操作する時には同色のカードしか出せません。そして、得点の対象になるのはその色だけです。よって、上記の赤と青を両方得点することは起こりえません。

2人プレイはしたことがありません。3人以上でもカードを溜め込む人が居ますが、こまめに得点することで十分対抗できます。2人だとそういうわけにはいかないのかなあ。
[ 2009/11/10 22:27 ] [ 編集 ]
こんばんは、けがわさん。
あら~、ということは、うちでは完全にルールを間違えてましたね。
早速訂正しておきます。
というか、肝心の得点のところの説明が分かりにくかったんですよ。
どおりで得点が異様に多くなってチップがなくなったはずです。
ご指摘ありがとうございました~。
[ 2009/11/10 22:32 ] [ 編集 ]
早速記事の修正をいたしました。

間違えていたルールは怪我の巧妙でヴァリアントとして遊ぶことにします(笑)
[ 2009/11/10 22:58 ] [ 編集 ]
ゴメン、オレまだコレやってない…
けがわさんに叱られそうぢゃなあ(-o-)
[ 2009/11/11 23:38 ] [ 編集 ]
Area51さん、こんにちは。

簡単なルールで楽しめる良いゲームですのでオススメですよ。
(簡単、言いながら間違えてましたけど)

シンプルながら考えるところがしっかりある、というクニツィアらしいゲームだと思います
[ 2009/11/12 10:43 ] [ 編集 ]
Area51さんが交易王を未プレイとは!
ま、そのうち遊んでください末永く遊べる良いゲームですよ。Area51家の家族でも多分人気ゲームになる予感。
[ 2009/11/12 13:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
プロフィール

やおきん

Author:やおきん
大阪府よりお届けしています。