浅く潜れ! -ボードゲーム&趣味のブログ-

ドイツボードゲームや小説、映画など趣味のこと書いてます。その他日記代わりなど。

ブクブク

 ブクブク ゲーム紹介 2009年4月12日

 → ヴァリアント 「どっちの味方?」 (やおきん作成)

<基本情報>
【タイトル】  ブクブク(原題:LAND UNTER)
【 作者 】  Stefan Dorra
【個人評価(2人プレイ)】 ★★★☆☆
とても簡単なルールですが、「2番目が一番悪いカードを取らないといけない」という
ルールと、「失点するのはその時の場で一番悪いカードを持っている人」というルールの
おかげで、悪いカードとはいえ取ったほうがいいのか、それとも何もとらない方がいいのか
という、結構考えないといけないのが面白かったです。

うちの場合は2人プレイが多いので、ダミープレーヤーを1人分作り、毎手番の最初に
ダミープレーヤーのカードをオープンにし、それを見て2人それぞれが出すカードを考える
というハウスルールで2人で遊びましたが、それでも面白かったです。
ちゃんとした人数で遊べば、もう1点ぐらいプラスになりそうな感じです。


landunter_01.jpg
landunter_03.jpg

【プレイ人数】2~5人
【プレイ時間】20分程度
【ゲーム内容】
最初に数字の書いてある天気カードを12枚ずつ受け取ります。
次に天気カードに書いてある浮き輪の絵の数だけ浮き輪カードを受け取ります。
これがヒットポイント(体力)のようになるわけですが、悪い数字ほど浮き輪は増えます。
このゲームは2番目に大きい数字を出した人が一番悪いカードを取ることになります。
ですので悪いカードとは中途半端な、真ん中に近い数字、ということです。
低い数字や高い数字は1番や3番以降になれる可能性が高いので、良いカード
ということになります。

手番は、まず灯台カードを2枚めくり、場に並べて置きます。
各プレーヤーは、裏向きで手札からカードを一枚選び、一斉に表向けます。
このときに最も大きい数字の人は、灯台カードの数字の低いほう、
2番目に大きな数字の人は、灯台カードの数字の大きいほうをとります。
取ったカードは自分の手元に表向きにして置き、その時点で一番数字の大きい人が
失点=浮き輪カードを一枚裏返すことになります。

これを12ラウンド繰り返し、最後に浮き輪の残り1枚ごとに1点、
最後のラウンド終了後に手元の灯台カードが一番低い人が1点
もし途中で浮き輪カードが全て裏になってしまっていた人はマイナス1点です。

12ラウンド終了後は、自分の天気カード、浮き輪カードを一式全て左の人に廻し
同じように12ラウンドプレイします。
この12ラウンドのプレイを、人数分行い、最後に得点が最も高かった人が勝利します。


【好きなところ】
簡単なルールですぐに遊べます。他人との絡みが面白いゲームなので
できれば4人以上ぐらいで遊びたいですが、好きなシステムなので無理やり2人で
遊んでいます。
羊のぷるぷるしたイラストもかわいくて、女性受けもいいゲームだと思います。


【受賞歴など】
2001年ドイツゲーム大賞ノミネート



landunter_02.jpg

こんな感じで、数字が悪い=真ん中らへんの数字、になればなるほど
浮き輪の数が増えます。この画像では3つの浮き輪を得ることになります。
(半分の浮き輪は、2枚で1つの浮き輪です。端数は切り捨てです)

この羊の絵がカワイイんですよね。。。かなりお気に入りです!!

land<br /><br />最初の方は灯台のある土地も見えていて、平和そのものなんですけど、段々と・・・<br /><br />unter_04_01.jpg
landunter_04_02.jpg

水が押し寄せてきて、羊さんが海にながされてしまいます!

landunter_04_03.jpg

なんかプルプルしてるし(萌え~~)

landunter_04_04.jpg

大変なはずなのに、あまり危機感のない表情もかなりお気に入り(笑)

landunter_04_05.jpg

最後には灯台全てが海の中に・・・羊さんの運命やいかに。。。

landunter_04_06.jpg



landunter_05.jpg
そう、羊がとっても可愛いし、オレも好きなんだけど…何故か我が家では全く人気がないのです。どうしてなんだろ?^^;
きっと得点の仕方が難しいんだと思う。
実際オレの周りのライトユーザーのウケは悪い。いいゲームなんだけど、カードゲームの中ではゲーマー寄りのゲームなのかもねえ。
人数も必要とするし…
[ 2009/04/14 18:37 ] [ 編集 ]
へ~、そうなんですかぁ。

うちでは嫁さんとダミープレーヤー入れてやってますけど
2人でもそこそこ面白かったですけどねぇ。

ルールも簡単だし、どっちかっていうとお手軽でかなり楽しいと思うんですけど。。。

トリックテイキングっていうのはこれがほぼ初めてでしたが
たくさん種類があってどれも面白そうなのでいろいろやってみたいですね!
[ 2009/04/15 08:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
プロフィール

やおきん

Author:やおきん
大阪府よりお届けしています。