浅く潜れ! -ボードゲーム&趣味のブログ-

ドイツボードゲームや小説、映画など趣味のこと書いてます。その他日記代わりなど。
月別アーカイブ  [ 2010年05月 ] 

クローストロフォビア 【ボードゲーム】

*
 クローストロフォビア ★★★★☆ ゲーム紹介 2010年5月2日

 6つのシナリオで対決!2人用ダーク・ファンタジー・ゲームの傑作!

claustrophobia_01.jpg
claustrophobia_23.jpg


<基本情報>
【 タイトル 】  クローストロフォビア(原題:Claustrophobia)
【  作 者   】  
【プレイ人数】  2人用
【プレイ時間】  45分
【受賞歴など】 特になし
【入手・プレイ状況】  ネットで購入
【個人評価(2人プレイ)】 ★★★★
ダイスを使った独特のシステムが面白く、コンポーネントも素晴らしい
なかなか遊び応えのあるゲームでした。
個人的には人間側キャラクターの能力・体力などをダイス目で表現する
システムは、かなり画期的で面白いと思いました。

シリアスなダーク・ファンタジー系のゲームはTRPGやシミュレーション
ゲームからの流れからなのか、2~4時間ぐらいの長時間ゲームが多い中
このゲームは45分~1時間程度で遊べるのがいいです。
人間側、悪魔側、どっちかのサイドが強すぎると思ったらカードなどで
簡単にハンデを付けられるのも良いと思います。

ただし、基本的にはダイスをゴロゴロ~っと振って能力や効果として
ダイスを割り当てていくシステムなので、ダイスゲームが嫌いor苦手な方には
あまり向いていないかも知れません。

着色されたフィギュアなどコンポーネントも非常に素晴らしいのですが
地形タイルが大きすぎて場所をとるのが難点。
個人的に圧縮版を作ってみたところ若干キツキツになったものの、かなり
遊び易くなりました。


【ゲーム内容】
クローストロフォビアは、17世紀中ごろの架空世界の地下通路に現れた悪魔と
その脅威に立ち向かう人間達の戦闘をシナリオ化し、2人のプレイヤーが
人間側、悪魔側を担当して戦う2人用ダーク・ファンタジー・ゲームです。

地下通路は人間側プレイヤーの探索によって広がっていき、その先からは
悪魔側プレイヤーが担当する魔物が襲いかかってきます。
タイプの違う6つのシナリオがありますので、楽しみ方もいろいろです。

ここで人間側、悪魔側の担当するキャラクターを紹介します。

人間側キャラクター紹介

救済者(リディーマー)
claustrophobia_20.jpg
主人公的キャラクターで特殊な魔法の力などで仲間を助けます。バランス型。


雇われ剣士の死刑囚
claustrophobia_21.jpg
移動に秀でた「回避」という能力を持ち、探索に役立つ。機動力型。


荒くれ者の死刑囚
claustrophobia_22.jpg
仲間の身代わりになる「護衛」や、敵を釘付けにする「制圧」等を持つ、ガチ戦闘型。

悪魔側キャラクター紹介

穴に棲むもの(トログロダイト)
claustrophobia_27.jpg
悪魔側のいわゆる「ザコキャラ」で、脅威トークンさえあれば出現させられる。

悪魔
claustrophobia_26.jpg
悪魔はシナリオごとに異なるものが登場する。

claustrophobia_29.jpg
悪魔の能力はカードで表され、フィギュアは共通でこれを使います。

各シナリオでは人間側、悪魔側にそれぞれ登場するキャラクターと
最初に持っているカードなどが決められています。
それらの準備ができればゲームスタートです。

【ゲームの流れ】

ゲームの流れは大きく分けて

(1)人間側準備フェイズ(イニシアチブフェイズ)
    ↓
(2)人間側アクションフェイズ
    ↓
(3)悪魔側準備フェイズ(脅威フェイズ)
    ↓
(4)悪魔側アクションフェイズ

という4つのフェイズからなり、(4)が終わればまた(1)に戻って繰り返します。


(1)人間側準備フェイズ(イニシアチブフェイズ)

人間側は生存しているキャラクターの数分のダイスを振ります。
出たダイスの目をそれぞれのキャラクターカードスタンドにある
ダイススペースに置くことで、そのラウンドの能力を表示します。

claustrophobia_03.jpg

このときに過去の戦闘などのダメージ等でキャンセルされているラインの
ダイス目を選んだ場合は、消耗状態(いわゆる「ピヨっている状態」)と
いうことになり、移動や攻撃などのアクションをできず、防御力も3に
なってしまい、非常に不利な状態になるわけです。

claustrophobia_15.jpg

選んだダイスの数字のラインがキャンセルされていない場合は、その選んだ
ラインの移動力、攻撃力、防御力がそのラウンドの能力になります。

claustrophobia_14.jpg

このようにして、全ての生存キャラクターの能力を決定すれば(1)は終わり。
(2)の人間側アクションフェイズにいきます。


(2)人間側アクションフェイズ

アクションフェイズは人間側も悪魔側も、操るキャラクターが違うだけで
ほぼ同じような内容になります。

基本的には「移動」「攻撃」となり、どちらが先でも構いません。

<移動>
移動は移動力分のタイルを進むことができます。
このとき、まだ繋がっていない未探索のルートがある場合に、人間側のプレイヤーは
「探索」を行うことで地下迷宮を広げていくことができます。

claustrophobia_24.jpg
探索することで次第に地下迷宮は広がっていきます。

<戦闘>
戦闘は、まず攻撃する相手を選んで攻撃を仕掛けます。
戦闘力分の数のダイスを振り、その振ったダイスの出目が相手の防御力以上の数だけ
ダメージを与えます(数字の差し引きではなく、ダイスの個数分)。

claustrophobia_16.jpg
人間側のキャラクターは選んだラインの能力になります。

claustrophobia_28.jpg
悪魔側の「穴に棲むもの」は基本的に防御力3になります。

人間側のキャラクターがダメージを受けた場合、ダメージトークンを受け取って
キャラクターカードホルダーにある1~6のどこかのラインにそれを刺します。

claustrophobia_05-2.jpg
このラインはキャンセル状態になります。全ライン埋まってしまったら死亡します。

悪魔側は、「穴に棲むもの」は生命力が1なのでダメージを受ければそれは死亡。
そのシナリオに登場した悪魔の場合はライフが0になれば死亡です。

(戦闘時には装備品やその他カードなどで上記以外の効果がある場合もあります。)


(3)悪魔側準備フェイズ(脅威フェイズ)
人間側のフェイズが終われば悪魔側準備フェイズになります。
基本的にはここで3つのダイス(特殊な場合ダイスが増えます)を振り
その出た目によって「運命の盤」にダイスを振り分けます。

「運命の盤」には例えば「全てのダイスが偶数の目」とか「3以上のダイス」等
そこに置くダイスの条件が書いてあります。ここに置けたダイスの数などにより
特殊なカードを引けたり、怪物を地下迷宮に出すための脅威トークンを獲得したり
さまざまな効果を得ることができます。

claustrophobia_12.jpg
運命の盤にダイスを振り分けて、悪魔側はアクションフェイズに備えます。

運命の盤の処理が終わったら悪魔側プレイヤーは「穴に棲むもの」や「悪魔」等
悪魔側キャラクターを地下迷宮に出すことができます(脅威トークンを使用)。

(4)悪魔側アクションフェイズ
最後は悪魔側のアクションフェイズです。
移動(探索を除く)、攻撃などについてはほぼ人間側と共通です。

以上のように各フェイズを繰り返していき、シナリオごとの勝敗を決めます。
1ゲーム大体45~60分程度。


なお、余談ですが、このゲームの地下迷宮地形タイルはめちゃくちゃデカイです。
写真を載せていますが、カルカソンヌのタイルと比べてみると一目瞭然。

claustrophobia_07.jpg

あまりにもでかいため、スキャナーで取り込んでラベル用紙に印刷し
厚さ1mmのケント紙に貼り付けて縮小したタイルで遊んでいます。

どれぐらいデカイかというと・・・

うちの80cm×80cmのテーブルには4枚(頑張って5枚)が一辺の限界。
全部置かれることはないものの、36枚あるタイルが全部乗らない計算です。
縮小版では余裕で6枚(頑張れば7枚)いけますので、単純計算で36枚乗ります。

こういうタイル配置モノは正方形になるとは限らず、タイルが置けないからという
理由で地下迷宮の方向が制限されるのも嫌なので、縮小をオススメします。

claustrophobia_10.jpg
claustrophobia_11.jpg

なお、縮小した場合は基本の3体+3体のフィギュアを配置した場合は
かなりキツキツになりますが、まぁ遊べなくはないです。比較画像参照。

claustrophobia_08.jpg
claustrophobia_09.jpg
雰囲気をとるか、場所の問題を解決するか。難しいですね。

2人用、適度なプレイ時間、良質なコンポーネント、ダイス活用のシステムと
なかなか楽しめる要素の揃った良ゲームでした。

ただ、ガチンコのしかもダークファンタジー・ゲームなので、遊ぶ相手は選ぶかも。
お好きな方はとことんハマりそうな魅力タップリだと思います!


検索フォーム
プロフィール

やおきん

Author:やおきん
大阪府よりお届けしています。