浅く潜れ! -ボードゲーム&趣味のブログ-

ドイツボードゲームや小説、映画など趣味のこと書いてます。その他日記代わりなど。
月別アーカイブ  [ 2009年03月 ] 

キングアーサー

キングアーサー ゲーム紹介 2009年3月31日

 → ヴァリアント 「労働組合」 (やおきん作成)

<基本情報>
【タイトル】 キングアーサー(原題:King Arthur the card game)
【 作者 】 R・クニツィア
【個人評価(2人プレイ)】 ★★★★
騎士カードで獲得した敵カードを使い、冒険カードを獲得する、という2段構えの
システムで、いかに効率よく冒険カードを獲得するかがポイントのゲームです。
特別なコンビネーションや特殊効果のないカードプレイですので、初心者でも
すんなり楽しめるところが良いと思います。
反面、ゲーム慣れしている人には少し物足りないかもしれません。
上級ルールもさほど難しくありませんので、上級ルールでのプレイをオススメします。


【プレイ人数】2~4人
【プレイ時間】30~40分程度
【ゲーム内容】
場に出ている敵カードには強さの数字があり、それ以上の騎士カードを出すことで
敵カードを獲得します。その敵カードを使い、冒険カードを獲得するのですが、冒険カードには
獲得するための条件が「色の種類」「数値」「枚数」など縛りがあり、いかに効率よくそれらを
入手するかで、自分の得点が大きく変わります。
狙っているカードは、相手に先を越されないように、かつ効率よく獲得していきましょう!
なお、上級ルールでは即座に敵カードを獲得できず、攻撃済みの敵カードにはチップを置き
その列がすべて攻撃済みになったり、攻撃済みの敵にさらに攻撃を加えたり、というように
少しだけ複雑になっています。上級ルールの方が「相手の手を読む」要素が強まるため
考えどころは少し増えますので、なれたら上級ルールの方が楽しいと思います!


【好きなところ】
簡単なルールでサクサクっとプレイできるところが良いですね。
ゲーム慣れしている人より、初心者の方が2段構えのカード獲得を純粋に楽しめると思います。
割と気軽にプレイできますし準備も簡単ですので、ちょっと遊びたいときに重宝しています。
得点計算なども極簡単なので、そういうところも気軽で良いです。

【受賞歴など】
特になし

キングアーサー
プレイ風景


第1段階目である敵カードの獲得は至ってシンプル。
騎士カードの3色(赤、オレンジ、黄)はそれぞれ1人か2人(倍の力)があります。
他にワイルドカードの白(マーリン ※魔法使いみたいなおっさんです)があります。

この3色のうち1色(とワイルドカードの白)を、敵カードの数値以上出して敵カードを得ます。

敵カード獲得の例

で、その獲得した敵カードを貯めておいて、狙いを定めた冒険カードをゲットします。
このときに冒険カードごとに設定されている獲得条件を満たさないとダメです。

しかも、カードの組合せによっては損をしたり得をしたり、結構差が出ますので
ここで出来るだけ効率良く冒険カードを獲得したいですね!

プレイ風景

プレイ風景

ゲームの終了は冒険カードが最後の一枚になったときとか、敵カードが無くなったとき。
最終の得点計算は、獲得した冒険カードの点数の合計と、手札の敵カード点数の合計。
(騎士カードは点数にならないので要注意です)

結構競ることも多いので、出来るだけおいしいカードを早く手に入れたいですね。


【慣れてきたら上級ルールで!】

上級ルールといっても、敵カードの獲得タイミングが変わるだけで複雑ではありません。

通常ルールだと即座に獲得できていた敵カードですが、以下のタイミングに変わります。

※なお、1度攻撃をした敵カードには、攻撃をしたプレイヤーが持っているチップをおきます。

①敵カードの同色カード全てにチップを置かれたとき、それぞれチップを置いている
  プレイヤーがその敵カードを獲得します。
 (その列のカードが1枚しかなかった場合、チップを置かずに即座にそのカードを得ます)

②すでにチップを置かれている敵カードに、さらに表示数以上の騎士カードで追撃を
  した場合は、その列の他のカードの状況に関わらず即座にその敵カードを得ます。

③まだチップを置かれていない敵カードに、その倍の数値の騎士カードを出したときは
  2段攻撃として、即座にその敵カードを得ます。

※なお、その回で冒険カードを獲得できるのは、その手番のプレイヤーのみです。

上級ルール

と、文字で書くとややこしいですが、やってみると至って簡単です。
こちらの上級ルールの方が、相手のチップ配置などで手を読む楽しみが加わりますので
戦略性が増すのではないでしょうか。僕も上級ルールの方が好きです。

まだゲーム初心者といえる僕から見てもシンプルなルールとゲーム感のため
ゲームになれている方には物足りないと思いますが、初心者には楽しいですよ!
絶版が近い(すでに絶版?)との話も聞きますが、2000円とお安いゲームですので
僕と同じような初心者の方は是非やってみてくださいませ!
検索フォーム
プロフィール

やおきん

Author:やおきん
大阪府よりお届けしています。