FC2ブログ

浅く潜れ! -ボードゲーム&趣味のブログ-

ドイツボードゲームや小説、映画など趣味のこと書いてます。その他日記代わりなど。

プレイ日記  ヘブン&エール、エルドラド

昨日の日曜は朝からボードゲームを遊ぼう!ということで2つ続けて遊びました。


ヘブン&エール

最近届いたばかりのゲームで、前日に続けて2回目のプレイです。

得点の計算が少し独特で慣れが必要ですが、そこを理解すればより楽しさが増しますね。




今日はまっきゃんが僕がスタートプレイヤーでゲームスタート。

前日は序盤でカードボーナスの12金を入手してお金には余裕があったため、今日はお金ボーナスをあまり序盤に狙わなくて良いかなーと昨日とは違う作戦で。

ところがこれ誤算で、序盤から得点狙いのため日向側にタイルを置きまくったため、お金が全然足らなくなってきました。
おまけに欲しいタイルを先にどんどんまっきゃんき取られてしまい、全て後手後手になる苦しい展開。




こりゃあかんかなーと思ったのですが、まっきゃんも1色の資源コマがなかなか先に進ませられず、終盤はその対応で困っていたようです。
(資源コマを前に進めないと得点が低くなるためです)

最後の最後に、僕の方は樽を取ったり、マスを資源タイルをうまく取れたりでなんとか食らいつき、気がつけば僕やおきん56点、まっきゃん50点で僕の勝利。




2人プレイでもなかなか悩ましくて何度も遊びたくなるゲームです。
早く3人以上でで遊んでみたいなー。


エルドラド

2つ目に遊んだのはエルドラド。
クニツィア先生のデッキ構築システムを導入したすごろくゲームです。

以前4人で遊んだことがあるのですが2人プレイは初めてです。
4人の時は各プレイヤーがコマを1つずつ使いますが、2人プレイの時は2つずつ使います。
どのように移動ポイントを割り当てて進ませるか、どんなカードをデッキに入れるかがより重要かもしれません。




僕がスタートプレイヤーでゲームスタート。

僕はデッキ構築をするといつもあのカード欲しいな、このカード欲しいなといっぱい買ってしまうのですが、相変わらずこの日も序盤からカードを買いまくりました。

一方まっきゃんは少しずつでも進めながら、余ったお金でカードを買っていくという堅実な作戦です。




まっきゃんは1つ目のコマをどんどん進めていき、バリケードをどんどん破っていきます。そういえば他のゲームでも「進むなら1番にゴールしたい!」と熱く語っていたので、作戦というより本能なのかもw




僕は買ったカードを使ってデッキを圧縮したり、特殊能力のあるカードを手に入れたりとあの手この手で食い下がります。




途中からまっきゃんはカードを追加で引けるカードを駆使してカードを引きまくり、全く足が衰えることはありません。

かなり焦って僕もカードを引けるカードをデッキに入れますが差は埋まることがなく、そのまままっきゃんが2つともコマをゴールに入れてまっきゃんの勝利。




終わってみればバリケードも全部取られ、1度も追い越せることがなく完敗でした。悔しいので近いうちにまた遊びたいと思います。

ほんとはこの後もいくつか遊びたかったのですが、猫のお昼寝につられてそのまま2人ともお昼寝状態に。

この日は2ゲームで終了となりました。

今度こそスターウォーズ・レベリオンを遊ぶぞ!

メンバーズ・オンリーは噂に違わぬ良いゲームだった!!

メンバーズ・オンリー

先日、京都からマクベスさんと弟のみどりさんが大阪まで遊びに来られ
天王寺のキンケッドテイルさんで1日遊びました。

その中でも昔から遊んでみたかったメンバーズ・オンリーを遊ばせてもらいましたが
面白いったらありゃしない




ゲームの内容自体は、全プレイヤーの手札から特定のカードが何枚でるかを
予想して当たっていれば得点、外れていれば賭け用トークンを没シュートされる
というシンプルなゲームです。

ですが流石にクニツィア先生のデザイン。
絶妙なカードの枚数(おまけにマイナスカードもある)ですし、なーんとなく賭ける場所が
中心化傾向になりそうなのを避けるため、無難な枚数の予想は点数を低く、尖った予想は
ハイリスクハイリターンとなっています。




じゃあ肝心の予想はどうやって行うかというと、基本的には自分より前のプレイヤーが
一体どこに賭けているかをしっかり見極めること。唯一無二の正解ではないですが
おおよその枚数は予測できるかもしれません。

まぁ僕は最初のうちから尖った予想ばっかり繰り返し、ドーンドーンと点数を稼ぎ
あとは終了条件を満たすように調整を行いような遊び方をしました。
マクベスさんご兄弟からは「俺らの知ってるゲームじゃない」と散々言われましたが
「馬を見るんじゃない!オッズを見るんだ!」と謎理論で押し切り勝てたのもあって楽しかったです。




昔のゲームはごちゃごちゃした要素が少なく、シンプルなのに考えどころがあって
本当に楽しいですね。
日本では現在入手しにくく、今後の日本語化に期待を寄せています!

もしどこかで遊ぶ機会がありそうでしたら、是非みなさんも遊んでみてください。
めっちゃ楽しいですよ^ ^

ジャパンジャン 【カードゲーム】

 ジャパンジャン   ★★★☆☆ ゲーム紹介 2019年5月22日

 日本地図を使ったお手軽マージャン風カードゲーム。日本地図に強くなる!

IMG_8927.jpg


<基本情報>
【 タイトル 】  ジャパンジャン
【  作 者   】  樫尾忠英
【プレイ人数】  2~6人
【プレイ時間】  20~40分
【 対象年齢 】  12歳以上

【受賞歴など】 特になし
【入手・プレイ状況】 ゲーム会でプレイ
【個人評価(4人プレイ)】 ★★★☆☆
マージャンも4人打ちというのが一番ベストだと言われますが、ジャパンジャンも
4人プレイが一番バランスよく感じました。
ただ、4人が良いというよりも、人数によってプレイの仕方が変わる印象です。
人数が少ないと当然欲しいカードが巡ってくる可能性が高くなるので高めの
点数を狙えますし、人数が多いと捨て札が増えるため手札の揃いが良くなって
早上がりができるようになります。ですので2~4人はどの人数も程よく作りたい
役を狙えて楽しいです。
5人以上になると、早上がりを狙う人が増えてきたので手番が回ってくる回数が
少なくなり、やや最初の手札に影響されるかなとも感じましたが先述のように
捨て札から手札を揃えやすくなるので、それはそれで楽しかったです。

人数も幅広く対応していますので結構ゲーム会では持っていっているのですが
遊んだ方は皆さん楽しいとおっしゃっていました。やはりマージャンのように
役を完成させるゲームはそれ自体に楽しさがあるのでしょうね。

あと、個人的には日本地図を覚えるのにホントに役に立ちました。
僕はなぜか地理がものすごく苦手で都道府県の並びをいまだに分かってないので
これが小学生のころにあったらなーと真剣に思っています(笑)。


【ゲーム内容】

都道府県がつながるようにカードを集め、役を作りあがることを目的とする
マージャン風のカードゲームです。
カードは手札が5枚。手番ではカードを1枚取って1枚捨てます。
3枚のつながりが2セットできたとき、上がりとなります。

カードをトル時は山札か、誰かの捨て札の最新のものを取ることができます。
このカードを取る、1枚捨てる、を誰かが上がる(または一定数の捨て札が並ぶ)まで
時計回りに手番を繰り返していくゲームです。

IMG_8921.jpg


一定の地域だけで集めたり、海に面している都道府県だけで集めたり
人筆書きできるように集めたり・・・というようにいろいろな役があり
高得点を狙うか、小さい点で早めに上がるか等、マージャンとよく似た
面白さがあります。

IMG_8942.jpg


マージャンは役が多くて覚えにくかったり、点数計算が複雑だったりと
なかなか敷居の高いゲームですが、ジャパンジャンは小さい子供さんから
大人まで楽しめるゲームになっていますので、おすすめです。

ゲームマーケット2019春で発売予定ですので、ぜひガーデンゲームズさんの
HPもご覧くださいね。

ガーデンゲームズ ボードゲーム工房
http://gardengames.blog40.fc2.com/


ゲームマーケット 2019春
http://gamemarket.jp/booth/gm1156/

ボードゲーム紹介一覧

【現在 219 件掲載中】 (2019年5月22日)

下記ボードゲームリストから詳細ページをご覧頂けます。 
※新しいページで開きますのでご注意ください

 
【ア行】
 ★★★★☆ アクアレット
 ★★★★★ アグリコラ
 ★★★☆☆ アーサー王
 ★★★☆☆ アッピア街道
 ★★★☆☆ アニマルマインド 
 ★★★★☆ アベカエサル
 ★★★☆☆ 操り人形
 ★★★★☆ アラカルト
 ★★★☆☆ アルカトラズ・スケープゴート
 ★★★★☆ アルハンブラ
 ★★★☆☆ アロザ殺人事件 
 ★★★★☆ アンギャルド (2人用) 
 ★★★★☆ アンドロイド・ネットランナー (2人用)  
 ★★★☆☆ アンダーカバー2
 ★★★☆☆ イスタンブール
 ★★★★☆ i9n(インフォメーション)
 ★★★★☆ インペリアル・セトラーズ
 ★★★★☆ ヴァイキング
 ★★★★☆ ウィナーズサークル(ウイナーズサークル)
 ★★★★☆ ヴィラ パレッティ 
 ★★★☆☆ ウィングス オブ ウォー
 ★★★☆☆ ウェルカム・トゥ・ユア・パーフェクトホーム  
 ★★★★☆ ウノ ラミーアップ
 ★★★★☆ ウボンゴ 3D
 ★★★☆☆ エッセン・ザ・ゲーム
 ★★★☆☆ エニグマ
 ★★★★☆ エリジウム
 ★★★☆☆ オイそれはオレの魚だぜ!
 ★★☆☆☆ 王様のブドウ園
 ★★★★☆ 大勝負 
 ★★★☆☆ おかしな遺言 
 ★★★☆☆ お先にしつれいしま~す!!
 ★★★☆☆ お邪魔者
 ★★★☆☆ おっぱい・おしり・サンシャイン

【カ行】
 ★★★☆☆ ガイスター (2人用)
 ★★★☆☆ 家系図
 ★★★☆☆ カタン ジュニア
 ★★★★★ カタンの開拓者たち
 ★★★☆☆ カタン for PLAYSTATION3
 ★★★★☆ カタン(Catan-the fisrt Island)
 ★★★★☆ カッツェンジャマー ブルース
 ★★★☆☆ カードジェンマ
 ★★★☆☆ カフェインターナショナル・カードゲーム
 ★★★☆☆ 神々の戦い
 ★★★★★ カルカソンヌ
 ★★★★☆ カルカソンヌ・スターウォーズ・エディション 
 ★★★★☆ カルカソンヌ 追加キット(Ⅰ)
 ★★☆☆☆ カルカソンヌ 追加キット9
 ★★★☆☆ キャッシング (2人用)
 ★★★★☆ キャッスルパニック
 ★★★☆☆ キャット&チョコレート 
 ★★★★☆ キャメルアップ 
 ★★★★☆ キャメロットを覆う影
 ★★★★☆ ギャラクシー トラッカー
 ★★★★☆ キングアーサー
 ★★★☆☆ キング オブ トーキョー
 ★★★☆☆ クアート! (2人用)
 ★★★★☆ クシディット王国記
 ★★★☆☆ クトゥルフ神話カードゲーム (2人用)
 ★★☆☆☆ クリーチャーズ
 ★★★★☆ グリモワール
 ★★★★☆ クロキノール
 ★★★★☆ クローストロフォビア(2人用)
 ★★★★☆ ケルトカード
 ★★★☆☆ ケルトタイル
 ★★★★☆ 交易王
 ★★★☆☆ ごきぶりポーカー
 ★★★★☆ 古代 対決 
 ★★★★★ 古代ローマの新しいゲーム
 ★★★☆☆ コード破り
 ★★★☆☆ コールドウォー 冷戦 (2人用)
 ★★★★☆ コルト・エクスプレス 
 ★★★☆☆ コロレット
 ★★★★★ コンテナ

【サ行】
 ★★★★☆ ザ・ゲーム 
 ★★★☆☆ サバイブ!
 ★★★★★ サンクトペテルブルグ
 ★★★★☆ 三銃士
 ★★★☆☆ シティビルダー
 ★★★☆☆ ジャスト・フォー・ファン  
 ★★★☆☆ 社内評価
 ★★★☆☆ ジャパンジャン 【追加!】
 ★★★☆☆ シャムの王
 ***** シャーロック・ホームズ 10の怪事件
 ★★★★☆ 十二季節の魔法使い
 ★★★☆☆ 熟語トランプ
 ★★☆☆☆ シュートアウト (2人用)
 ★★★★☆ 乗車券(チケット・トゥ・ライド)
 ★★★★★ 乗車券 メルクリン
 ★★★★☆ 秦(しん) 
 ★★★★☆ すきもの
 ★★★☆☆ スコットランドヤード
 ★★★☆☆ すすめ!!海賊さん(2人用)
 ★★★★★ スターウォーズ X-ウイング ミニチュアゲーム
 ★★★★☆ ストーンエイジ
 ★★★★☆ 頭脳絶好調 
 ★★★☆☆ スペースビーンズ
 ★★★★☆ スモールワールド
 ***** スモールワールド 拡張 物語と伝説 
 ★★★★☆ ズーロレット
 ★★★★☆ ゼロ 

【タ行】
 ★★★☆☆ ダイスビンゴ
 ★★★★☆ ダイスフォージ
 ★★★☆☆ タイタン アリーナ
 ★★★☆☆ ダイヤモンド
 ★★★★☆ タケノコ 
 ★★★☆☆ タリスマン
 ★★★★☆ タロ
 ★★★☆☆ ダンジョンクエスト 
 ★★★☆☆ ダンジョンレイダース
 ★★★☆☆ チューブに乗って
 ★★★☆☆ ディクシット
 ★★★☆☆ ディヴィナーレ 倫敦の霊媒師
 ★★★★☆ ディ・スタウファー
 ★★★★☆ デウス
 ★★★☆☆ デジャヴ 
 ★★★★★ テーベの東
 ★★★★☆ テレストレーション
 ★★★☆☆ 伝染病株式会社
 ★★★★☆ 10 デイズ イン アフリカ
 ★★★★★ トバゴ
 ★★★★☆ ドミニオン 追記(1)
 ★★☆☆☆ ドメモ
 ★★★★☆ ドラコン
 ★★★★☆ ドラゴンクエスト ダンジョン
 ★★★☆☆ トール (2人用)
 ★★★★☆ トレド

【ナ行】
 ★★★★☆ ナイアガラ
 ★★★★☆ ニムト!
 ★★★☆☆ 盗まれたロンドン

【ハ行】
 ★★★☆☆ ハゲタカのえじき
 ★★★★★ ハチエンダ
 ★★★☆☆ バックギャモン (2人用)
 ★★★★☆ バトルライン(2人用)
 ★★★☆☆ ハムスターロール 
 ★★★★☆ バルバロッサ 
 ★★★☆☆ 晴れたらいいね
 ★★★★☆ バロニィ
 ★★★★☆ パンデミック
 ★★★☆☆ パンデミック・ダイスゲーム 完全治療 
 ★★★★☆ ひらがなさいころゲーム
 ★★☆☆☆ ビリービーバーミニ
 ★★★★☆ ファイア&アックス
 ★★★☆☆ ファウナ
 ★★★☆☆ ファクトリー・マネージャー 
 ★★★☆☆ ファストラック
 ★★★★☆ フィヨルド (2人用)
 ★★★★☆ フィンカ
 ★★★★☆ フェリニア 
 ★★★☆☆ ブクブク
 ★★★☆☆ ブラックストーリーズ -50の”黒い”物語-
 ★★★☆☆ ブループリント
 ★★★☆☆ プレタポルテ 
 ★★★★☆ フロカティ サーカス 
 ★★★☆☆ ブロックス デュオ (2人用)
 ★★★☆☆ ペンギンパーティ
 ★★★☆☆ ポイズン
 ★★★☆☆ ポートベローマーケット
 ★★★★☆ ボトルインプ
 ★★★☆☆ ホワイトチャペル

【マ行】
 ★★★★☆ マジック ザ ギャザリング (2人用)
 ★★★☆☆ 魔獣の王
 ★★★☆☆ マフィア・デ・クーバ 
 ★★★☆☆ 真夜中の探偵
 ★★★★☆ マンハッタン計画 
 ★★★★☆ マンマミーヤ!
 ★★★★☆ ミスターX
 ★★★☆☆ ミッドナイトパーティ
 ★★★☆☆ ミレ グラツィエ
 ★★★★☆ 村の人生 
 ★★★☆☆ メガスター
 ★★★★☆ メトロポリィス
 ★★★☆☆ メルトダウン2020
 ★★★★★ モダンアート
 ★★★☆☆ モノポリー(アーセナル・エディション)

【ヤ行】
 ☆☆☆☆ 指輪物語 ボードゲーム
 ★★★★☆ よくばりキングダム(2人用)
 ***** ヨーロピアンゲームコレクション

【ラ行】
 ★★★★★ ラー 
 ★★★☆☆ ラクシャク
 ★★★☆☆ ラスト ナイト オン アース
 ★★★★☆ ラビットハント(うさぎ狩り)
 ★★★☆☆ ランキング
 ★★★★☆ ラングフィンガー
 ★★★☆☆ ルーム 25
 ★★★★★ レースフォーザギャラクシー 追記(1)
 ★★★★☆ ロストシティ(2人用)
 ★★★★☆ ロストシティ・ボードゲーム
 ★★★★☆ ロス バンディット(2人用)
 ★★★★☆ ローゼンケーニッヒ(2人用)
 ★★★★☆ ロンド
 ★★★★☆ ロンドン 

【ワ行】
 ★★★☆☆ ワインと毒とゴブレット
 ★★★☆☆ ワードバスケット

【英・数】
 ★★★★☆ K2 
 ★★★★☆ Q-JET(キュージェット)
 ★★★☆☆ UEFAチャンピオンズリーグ(サッカーゲーム)
 ★★★☆☆ 27番目の乗客

【同人ゲーム】
 ★★★☆☆ 暁の鉄道  暁の鉄道(2012年版プレイレポート)
 ★★★☆☆ アムステルダムの運河
 ★★★★☆ カードの迷宮
 ★★★☆☆ 皇帝なき帝国
 ★★★☆☆ 惨劇ルーパー
 ★★★☆☆ 三忍者
 ★★★☆☆ ドラコの山分け
 ★★★☆☆ トルトラレル
 ★★★☆☆ ハート オブ クラウン
 ★★★☆☆ ヘルメスの流儀 
 ★★★☆☆ ラブレター

【その他】
 ★★★★★ アメージング テーブルゲーム 
 ★★★☆☆ 書籍 「ゲームリンク」創刊号
 ★★★☆☆ 書籍 「ゲームリンク」Vol.4  
 ★★★★☆ 書籍 「ゲームリンク」Vol.5
 ★★★★☆ 書籍 「ゲームを斬る!」
 ***** 書籍 「推理小説×ジグソーパズル 鏡の国の住人たち」 
 ***** 書籍 「ドイツゲームでしょう!」 2008年版
 ★★★★☆ 書籍 「ドミニオンへの招待」
 ★★★★★ 書籍 「ボードゲーム・ジャンクション」



【ゲーム紹介の点数について】
このブログ管理者である私、やおきんの個人的な印象をもとにした評価です。
0~5の6段階で評価しています


 ★★★★★ (5点) とてもとても良い。特別好き!
 ★★★★☆ (4点) とても良い
 ★★★☆☆ (3点) 良い
 ★★☆☆☆ (2点) 可もなく不可もく
 ☆☆☆☆ (1点) イマイチ。不満要素が多い
 ☆☆☆☆☆ (0点) 嫌い。個人的に合わない。
 ***** (なし) 未評価

 ※なお、純粋な海外ボードゲーム・カードゲーム以外の評価については
  星の色を ← このように緑色にしています。

2人でも遊ぶ方は”2人用”、”2人もオススメ!”をご参考にして下さい。
また、ゲーム各記事タイトルに簡単なゲームの形態を書いていますのでご参考下さい。

【ボードゲーム】
共通のゲーム盤や、個人ごとのゲーム盤を使うもの

【準ボードゲーム】
ゲーム盤は使用しないが、テーブル面などにタイルを配置する等
ゲーム盤の代わりとなる場が存在するもの

【カードゲーム】
カードやチップなどを主に使用し、ゲーム盤を全く使用しないか使用しても間接的なもの

【準カードゲーム】
上記カードゲームに似ているもので、主にカードの代わりにタイルやチップ等を使うもの

【管理人 やおきん について】
大阪府の南東の方に住んでいます。
好きなゲームは、テーマやストーリーがあって世界観を大切にしているゲーム
その世界の中に入り込めるゲームです。
逆に苦手なゲームはテーマ性に乏しく、パズル、アブストラクト的なゲーム。

プレイ日記 2019年5月5日 Kinked Tail ゲーム会

2019年5月5日 ゲーム会 キンケッドテール

前日、久々にスターウォーズゲーム会に行くつもりが足を痛めて外出できず。
この日は車移動でなんとかキンケッドテールさんまで行きゲーム会に参加できました。

ゲームオブスローンズ版ペンギンパーティー

まず最初はウォーミングアップも兼ねてペンギンパーティーをプレイ。
ちょっと追加要素のあるゲームオブスローンズ版です。



ゲームオブスローンズ観ている人だとキャラクターにいろいろ思い入れがあるので
ゲーム本編とは別で「ジョフリーを上には置きたくない!」とか「最下層にデナーリス置くとか!」
変な感情が生まれたりします。もちろんゲーマーなのでそこは押し殺してゲームに徹しますがw

ペンギンパーティーなので普通に面白いです。今最終章真っ最中で話題ですし、写真写りは
こちらの方がインパクトあるので、気になっている方は一度遊んでみてくださいな。


交響曲第9番

続いて交響曲第9番をプレイ。最近購入して気に入っています。
作曲家のパトロンになって曲を書いてもらったり、音楽会を成功させたりなどして
お金や勝利点を稼いでいくゲームです。



みんなに人気で曲をいっぱい書いた作曲家は、過労で死にます。そして価値が上がります。
音楽会もみんなで成功させようねとか言いながら、自分だけ得するようにうまく出資します。
今回は3人でしたがとても面白く遊べました。全6ラウンドなので3人プレイがバランスが
良いように感じますが、4人プレイはどうなんでしょうか。今度試してみたいです。


大狼 大喜利人狼

人狼に大喜利要素が加わった一風変わったゲームです。
人狼役だけが、大喜利のお題を半分しか知らないので、うまくバレずに大喜利を
切り抜けられるかどうかが腕の見せ所のゲーム。



下ネタさえぶち込めば笑いは取れる気がするので、秘境と分かりつつ爽やかな下ネタで
点数を稼がせて頂きましたw 正しい遊び方で遊んだんですけどねぇ。。。面白かったです。


ゲスクラブ

下衆クラブじゃなくてGUESSクラブですよと、世界の中心で大きな声で叫びたいゲーム。
ホントに名前で損してますよね。とはいえそろそろ皆さんにも認知されていますかね。



あるお題について、他のプレイヤーも考えていそうなものを推測して書くパーティー系ゲームです。
点数の入り方に少し荒っぽいところもあるように感じましたが、過程が楽しいゲームなので
そこまで細かく気にはならない感じですかね。本当はもう少しやりたいんだけど、3ラウンドで
決着するというところが絶妙なゲーム時間なのかもしれません。当然数回繰り返して遊んでしまいます。

適正人数はやはり4~5人ですかね。あまり人が多いと手番が回ってこないこともあり得ます。
楽しいので、毎回遊びたくなるゲームです。


ジャパンジャン

ガーデンゲームズさんのゲムマ2019春出品予定ゲームですが、フラゲしてあちこちで遊んでいます。
このゲーム、何度かゲーム会で出させてもらいましたが皆さん楽しいとおっしゃいますね。
麻雀をよりシンプルに、短時間に、しかもみんなの知っている(僕は一部知らないw)日本地図で
遊べるという内容なので、楽しくて何度も遊んでしまいます。
今のところ2人~6人までいろいろな人数で遊びましたが、それぞれの人数で狙う役が
変わったりしてちょっとプレイ感も変わるところが面白いですね。個人的には3~4人ぐらいが
大きな役も狙えて面白いかなと思います。
ゲームマーケットでは是非皆さんゲットしてください!たのしいですよ!




チューブに乗って(メトロでGO!)

アンダーグラウンドとか、チューブに乗ってとか、メトロでGOとか、いろいろな
名前で呼ばれているなんとなく地味なゲームです。
ただ、個人的にはこのゲームかなり好きなんですよね~。
ロンドン地下鉄が結構うまく再現されていますし、乗客の移動先を予測しながら
線路を引いていくのは、チケットトゥライドとは違う楽しさがあります。
乗客移動が少しわかりにくいのと、それがゆえにダウンタイムが長くなりがち
ということを除けば、かなり良くできたゲームだと個人的には思っています。
Kinked Tailさんに置いてきましたので、興味ある方はぜひ遊んでみてください^^




デクリプト

スパイが暗号を傍受しているかのような、推測とひらめきが楽しいコミュニケーション系ゲームです。
それぞれのチームが自分のチームにはわかるように、相手のチームにはばれないように
お題になっているキーワードを絶妙な表現で伝える点では、コードネームにも似ています。
コードネームよりもスパイ感は増している一方、難易度も少し高めかなーと感じました。
まぁルールはシンプルなので、苦手意識ある方もぜひ挑戦してほしいゲームですね。


ということで、この日遊んだゲームは以上です。
今回は比較的軽いゲームと中量級ゲームを遊びました。今度は久々に重いゲームを遊びたいなぁ。


検索フォーム
プロフィール

やおきん

Author:やおきん
大阪府よりお届けしています。

月別アーカイブ